小説「機巧姫流離譚」電子版半額セール&複製イラストサイン色紙プレゼントキャンペーン開催

現在配信中のライトノベル「機巧姫流離譚(からくりひめりゅうりたん)」。9月25日(金)より1か月間、各電子書店で半額セール開催!

さくらうづきさん著、冬野ユウキさんイラストによる、ゲームデザイナーが自分の作ったゲームとよく似た世界に転移して活躍する物語を描いた「機巧姫流離譚(からくりひめりゅうりたん」の電子書籍を9月25日より1か月、各電子書店で半額セールを行います。
連動企画として、小説の冒頭部分をブラウザで楽しむことのできるRPGツクール版「機巧姫流離譚」でキャンペーンモードを開催。
アンビットの書籍用ツイッターアカウウント(@ambit_ND)をフォローして、ゲーム中の7つのクエストをクリアすると表示されるクリア画面をツイートされた方の中から、抽選で5名様にさくらうづきさん、冬野ユウキさんの直筆サイン入り複製イラスト色紙をプレゼントします(当選者の方にはDMにて直接ご連絡差し上げます)

キャンペーン版のプレイはこちらから
(機種により一部操作が違う場合があります)

↑ゲームを「はじめから」を選んでスタートして、クエストに挑戦できるようになったら、町や村を探索してビックリマークが表示されているキャラクターに話しかけて7つの依頼を解決してください。

作者自ら編集した、作品の世界がよりわかる副読本も頒布中。
(下のリンクをクリック)
高解像度(容量大) 通常解像度(容量小)

物語

ゲームクリエイター・不吹清正(ふぶき・きよまさ)は自分の作ったゲームとよく似た世界に転移してしまう。そこは戦乱の火種が燻り続ける和風ファンタジーの世界だった。

この世界では『機巧姫(からくりひめ)』という和の色名をつけられた人形と共感し、巨大な鎧武者姿となって戦うことができる。清正は見目麗しい最高品質の『葵の君』をパートナーとして、戦乱に終止符を打つべく立ち上がる。

耳の先端が尖り人を癒す力を持つ少女や額に角を持つ鬼の青年、ケモノ耳とフサフサの尻尾を有する人狼姉妹など、ゲームにはいなかった存在と出会い清正は興味を覚える。
ここは自分が作ったゲームの世界なのか。何故、彼らのような存在がいるのか。
清正は数多の謎を解き明かすためこの地で暮らす決意をする。
これはゲームクリエイターが和風異世界で多くの人と出会い、様々な体験をしていく物語。


登場人物

不吹清正
本作の主人公で元の世界ではゲームクリエイターをしていたが、自分の作ったゲームによく似た世界へ微妙に若返りつつ転移してしまう。
好奇心旺盛な性格で行動より思考を優先するタイプ。連れ合いの機巧姫(からくりひめ)は葵の君。

葵の君
主人公の連れ合い(パートナー)である機巧姫。髪の色が銘と同じ葵色で胸の真ん中に同色の勾玉が埋め込まれている。
人形としては最上位の存在で、外見や行動など、ほとんど人間と変わりがない。
主人公のことを第一に考え、そのために行動をする。

淡渕 澪
関谷国の藤川家に仕える知行三百石持ちの侍で操心館に所属する候補生の一人。水縹の君を所有しているが連れ合いとして認められてはいない。
人とは異なる八岐と呼ばれる種族の一つ、木霊に連なっており、癒しの術を得意とする。
また動物や植物ともある程度の意思疎通ができる。

紅寿
澪に仕える忍びで、八岐に連なる人狼の少女。オオカミによく似たケモノ耳と尻尾を有している。人狼の身体能力は鬼と並ぶほど高く、その中でも敏捷性は特に優れている。
忍びとしても有能。現在は言葉を話せないもよう。

翠寿
澪に仕える忍びで、紅寿の妹。人狼特有のケモノ耳と尻尾を有する。
幼いながらも誰かに仕えて職務を果たしたいという心根を持つがいろいろと未熟。


●著者プロフィール
著:さくらうづき
「White Whisper-Song of Trinity-」「維新演義~獅子立志伝~」(共にプレイバイメール)などの冊子編集、ライティング。
『水平線まで何マイル?-ORIGINAL FLIGHT-』(PSP)のシナリオや演出を担当。
他、ソーシャルゲームのシナリオを多数執筆。

●イラストレータープロフィール
絵:冬野ユウキ
「勇者パーティから追放された俺、どうやら最高に運が良かったらしい」装画 (アルファライト文庫)。
アプリ『御城プロジェクト:RE~CASTLE DEFENSE~』(DMM GAMES)のイラストなどで活躍中。

【商品概要】

■電子版:機巧姫流離譚(からくりひめりゅうりたん)
好評配信中
発行・発売:株式会社アンビット

■書籍版:機巧姫流離譚(からくりひめりゅうりたん)
好評発売中
価格:1400円+税
B6判、本文320ページ
ISBN:978-419865010-0
発行:株式会社アンビット
発売:株式会社徳間書店


(C)SAKURA Uduki 2020 / ambit