こどもの国

子供と大人、二つの視線が交錯する時、
編んだ想いが真実を紡ぐ。
<因果の糸>を操る、新ヒーロー誕生!


「こどもの国」

●著:藤守麻行
●イラスト:岩元辰郎
●2019年5月17日発売
●B6/単行本/本文368ページ/1400円+税
●発売:徳間書店(アークライトノベルス)
●編集・発行:株式会社アンビット
●ISBN:978 – 4198648510

●ハッシュタグ:#小説こどもの国

キャンペーン情報:
こどもの国×ハンゲームアバター(外部リンク)
無料ゲーム「ハンゲーム」にて、由太、だいこくにゃんのコラボアバターを全員プレゼント!
キャンペーン期間:2019/06/17 ~ 2019/07/31 終了しました。
ご好評いただきありがとうございました!

販売サイト
[Amazon]

レビュー投稿サイト
[読書メーター]

ハバネ市に、奇妙な“おまじない”のウワサが広がっていた。それは、町の守り神〈コクテンさま〉が、悪者を退治してくれるおまじない。成就すれば、〈因果の糸〉を操る少年が、〈こどもの国〉からやってくる。彼は、悪者の耳元でこう囁くのだ。

「――天罰って知ってる?」

守り神を信奉するもの、その正体を追うもの――様々な人々の思いが交錯する中、少年と似たチカラを持つ〈黒ずくめの女〉の来訪が、事件の始まりを告げる――。

(C)Fujimori Asayuki 2019

[編集部より]

[特設サイト(試し読みはこちら)]

アンビット小説プロジェクト第1刊(ND01)「こどもの国」