DQⅩ ニンドリ乱取り組 活動報告:9月は「せや 紅葉狩ろうぜ!」をやったよ!

シェアする

『ドラゴンクエストⅩ』にて、ニンドリ読者に自由に楽しんでもらうチーム「ニンドリ乱取り組」。その活動報告を、サブリーダーをお願いしている読者・フラッペさんが月イチで紹介します。
今回は2019年9月の様子をお届けしますよ~。


おっす!
フラッペですわ!

10月に入りましたね。
これは完全に私事なのですが、NDWでこちらの記事を
書かせて頂くようになってから、今月で1年が経過しました…!

最初に「NDWの記事書いてみない?」と
お話を頂いた時は驚きつつ、嬉しさもある中で逆に
「…私なんかで大丈夫なのだろうか?」という不安もあり…
でも、あの時勇気を出して
「やってみます」と言ってよかったと思っています。

そして気がついたら今回でちょうど1年!
ここまで続けられたのも、記事を読んでくださっている皆様と
ニンドリ編集部の方々、そして何より
「ニンドリ乱取り組」のチームの皆様のおかげでございます!
これからも、何か起こらない限りは執筆し続けて行きたいと思っておりますので
どうぞよろしくお願いします!!

前置きが長くなってしまいました、それでは平常運転に戻りまして。

さて、こちらの記事はですね
わたくしフラッペが所属している「ニンドリ乱取り組」が
普段どんな風に遊んでいるか、を書かせて頂くレポート的なもの…
その第13回目でございます!
例によって先月分、今回は9月の出来事です!

9月21日、チームのシンクさん主催による
【せや 紅葉狩ろうぜ!】イベントが行われました!

内容は…今年の4月や7月に行われた転生探し大会の
討伐対象を変えたもの、といった感じですね!
(その時の記事はこちらです→前回(ナスビナーラ)前々回(ピンクモーモン)

そして今回の討伐対象は「もみじこぞう」
現実にもある「紅葉狩り」とかけているんですかね~。
…とは言っても、探すのは「さくらこぞう」なんですけども…
秋なのに、さくら探し!…ロマンを感じる、かも?(笑)

今回は最初にガタラの町に集合。
しばらく待ち、そこそこの人数が集まったので
木かげの集落にルーラ→キリカ草原へ、という流れで
移動していきました。

そしてキリカ草原にある橋上にて、今回のルール説明!
このルールも3回目なので、把握している人には飽きた物かもしれませんが
初参加の人も居ましたので…説明、だいじ。

前回や前々回と同じく、もみじこぞうの転生モンスターである「さくらこぞう」の出現を狙い
出現したらチームチャットで報告してもらって、制限時間内に
一番沢山出現させた人の勝ち!という物ですね♪
(例によって「みんな嘘報告はしないでしょ」という信頼の元、自己申告制です♪)
細かいルールとしては、転生モンスターに合いやすくなる
職業のまもの使いや、その証、それから「きせきの香水」の使用もOK!
…ちなみに今回、さくらこぞう以外の転生モンスターはノーカウント!(笑)

毎回、一番多く出した人で7匹とか6匹とかの成績が出ていますが
今回は果たして何匹出現するのか…?

制限時間は30分。シンクさんが30分キャンドルを使用して…
よーい、スタート!!

…1分も経たない内に「でた」「きた!」と
チームチャットに報告が…
なんかもう、通例と化している(笑)

という事で始まりました【せや 紅葉狩ろうぜ!】イベント
そしてまあ…今回も各地で出るわ出るわ転生の報告!(笑)
例によって「転生ってこんなに出てくるものだっけ?」という疑問が…

主催であるシンクさんや、実況&集計に回っている私も
割と真剣に参加はしていたんですが…
…ええと、シンクさんは確か時間内に2匹出現させて
私は…今回は0匹でした…(泣)

そもそもですね…ええと、最初の頃は私も戦闘していたのですが
中盤~後半にかけて、転生出現報告のラッシュが凄まじくて
正直、実況&集計に追われていて自分が戦闘しているどころではなかったですね…
というか、実況しているのが楽しかった!(笑)

あやっとでたあああああ
主催おめでとー!!
さー後10分
5!うひょーーー
カルッポさんマジか!これでトップが3人に!
今日忙しいな、集計と実況に忙しくて自分で戦闘できない!!
3ひきめ…って 攻撃よけるなもみじw
あるあるw
サイクロプス呼んで遊ぶバルトさん
何してんの!?w
5匹目!!
ケットさんも5匹目で?!え、なに今日の展開!?
きた~
りべるん6でトップー!!
追い上げてきたぞー…?
りべるんブースト恐ろしい
最初賢者だったのに~w
おのれぽにてめ!
ようやく5ひきめ
そしてタクミさんが5で2位争いに!
もみじこぞう100匹討伐しました(^^)
「紅葉狩り」達成中でなにより!w

今回注目ポイントだったのが、他の参加者が
転生モンスターに遭遇しやすい職業、まもの使いで参加してきている中
前回優勝のリベルさんのみ「転職わすれた」との事で
職業賢者でスタートしていたんですよね。
で開始して10分の間は、前回2位のサイヤリーズさんが
凄まじい勢いで(なんと10分間に5匹!)さくらこぞうを出現させていたのです…!
それを聞いてなのかリベルさん、10分経過時点で
転職にかかる時間のタイムロスをも恐れず、まもの使いに転職して戻ってきたのですが
そこから前半の不調を取り戻す勢いで6匹出現させ、一気に成績トップに…!
確か、リベルさんの6匹目時点で《残り5分》!!
しかしこの時点で5匹出現させている、成績2位の人も複数いるので
まだ最後まで分からない…!!…と、集計していくのが
すごく楽しかったですね(笑)

そんな感じで実況もしつつ、撮影も忘れず駆け回っていたのですが
結局、時間終了までで撮影できたさくらこぞうはコレ1枚だけ!(笑)
それと、何故かアルミラージの転生モンスター「ゴールデンコーン」を
出現させている人もいましたね…
今回はさくらこぞう以外はノーカウントなんだけど!?

このようにかつてない盛り上がりを見せた今イベントも
30分の制限時間が経過し、終了!
最初に集まっていたキリカ草原の橋上に集合し
集計の後、結果発表の時間です!

今回は3位までの方に賞品が出る、という事だったのですが
集計の結果、その1位が3名になってしまったので
その1位の3名でダイス勝負をして、出目の一番大きかった人が
真の1位という事になりました!

その3名は…タクミさん・リベルさん・カルッポさん!!!

(画像の手前側、左からタクミさん・リベルさん・カルッポさんです)

まずリベルさんが転職後、凄まじい勢いで
《残り5分》時点までで6匹の成績を叩き出しましたが
それ以上は出せず、そのまま6匹という成績に。
次にタクミさん、リベルさんの6匹目の直後に5匹目を出現させ
2位になった後、《残り3分》くらいだったかな?で6匹目が出てきて見事に1位に!
そしてカルッポさん、《残り10分》のタイミングでは5匹だったのですが
ギリギリ…本当に終了ギリギリのタイミングで6匹目を登場させ滑り込み1位!

前半10分で5匹という凄まじい勢いだったサイヤリーズさんは
その後失速してしまった模様で、そのまま5匹という成績で終了。
同じく5匹で2位だったケットさんもその後奮わず…!

さあ、1位の3名でダイス勝負が行われます…ダイス!!

タクミさん・・・18!!
リベルさん・・・69!!
カルッポさん・・・1!!

なんと!!1が出ました!!!(笑)
シンクさんが「カルッポさんが4とか出したら面白いよね」って言っていたら
それを上回る…いや下回る数字が出るとは誰が予想したでしょうか(笑)
会場は笑いの渦に包まれておりました!!

それはさておき、1位!まさか?!やはり!?のリベルさん!!
今年チームイベントで1位を掻っ攫っていくの、何度目なのか!!
流石今年の「乱取り組福女」ですね…!!

と言う訳で、ダイス3位のカルッポさんには
「賞金30万と粗品:しぐさ書メイクアップ」、
2位のタクミさんには
「賞金50万と粗品:しぐさ書もうそう」、
そして1位のリベルさんには
「賞金100万と粗品:マイタウン権利証」が送られました!!
…誰がなんと言おうと”粗品”です!!(汗)

最後はいつも通り記念撮影、1位の3名を目立つような配置で♪
そしてこれにて【せや 紅葉狩ろうぜ!】イベント終了!
シンクさん、素敵な企画をありがとうございました!!

それでは最後に定型文で〆!

DQX内の方で こちら「ニンドリ乱取り組」に入隊・再入隊したい方は
フラッペの家(アズラン住宅村 のどかな農村地区2355-6)…もしくは!
ニンドリタウン(マイタウン 番地【2209-7023】)まで来て頂いて
入隊希望の旨を 庭に置いてあるスライムチャイムに書き込むか
お手紙をポストに投函してくださいませ!
(※定員には上限があります)

以上!9月の乱取り組レポートでした!


(編集部より)

『ドラゴンクエストⅩ』がバージョン5にアップデート!
10月24日に発売された追加パッケージ『ドラゴンクエストⅩ いばらの巫女と滅びの神』を導入することで、新たな冒険の舞台「魔界」で新しい物語がスタートします。
新職業「デスマスター」や新武器種「鎌」が追加されるなど、新要素も盛りだくさん!
さらにキャラクターボイスが導入され、ムービーシーンなどが今まで以上に臨場感ある映像が楽しめるようになりました。
プロローグ映像でその一部をみることが出来ますので、ぜひご覧ください!

© 2012-2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

参考記事 ドラゴンクエストX「ニンドリ乱取り組」チームについて

トップへ戻る