DQⅩ ニンドリ乱取り組 活動報告:11月は「第2回 真昼間プリズラン大会」などをやったよ!

シェアする

『ドラゴンクエストⅩ』にて、ニンドリ読者に自由に楽しんでもらうチーム「ニンドリ乱取り組」。その活動報告を、サブリーダーをお願いしている読者・フラッペさんが月イチで紹介します。
今回は2019年11月の様子をお届けしますよ~。


おっす!
フラッペですわ!

先日、『DQⅩ』のブラウザ版が発表されましたね!
私もβテスターとしてパソコンやスマートフォンでプレイしてみましたよ!
手元のスマートフォンの中でも結構しっかり動く事に驚きました!
そしてブラウザ版は…キーボードでの操作、どのキーがどのコマンドなのか分かりませんね!(苦笑)
次の機会があればパソコン用のコントローラーを用意しておこうと思ったフラッペさんでした!

さて、こちらの記事はですね
わたくしフラッペが所属している「ニンドリ乱取り組」が
普段どんな風に遊んでいるか、を書かせて頂くレポート的なもの…
その第15回目でございます!
例によって先月分、今回は11月の出来事です!

まずは11月3日、この日のお昼にヒャクキュウさん主催による
【第2回 真昼間プリズラン大会】が行われました!

こちらは、この時期に行われていたミニゲームイベント
《真夜中プリズラン》を参加者のみんなで遊び、
予選~決勝を行う中で点数を付けていって
“誰が一番上手なのか”を決める大会でした!
タイトルが【真昼間】なのは、お昼の15時からスタートしたから!(笑)

プリズラン自体は、ビッグハットに変身した参加者達を
追いかけて捕まえる”狼”と、その”ビッグハット”に別れて行う
いわゆる【ケイドロ】のような遊びなのですが…
(これ、他にも”ドロケー”とか”ドロジュン””助け鬼”など様々な呼び方があるみたいですね)

…えー、そのようなミニゲームである+私も真剣に参加していた関係で
プレイ中のまともな写真が殆ど撮れていないのが残念です(泣)
とりあえず、鬼側である狼さんの集いの写真と
空飛ぶ不思議なビッグハットの写真を掲載しておきますね(笑)

ちなみに参加人数自体は16人、満員御礼の集まりであり
また毎回8人ずつで遊ぶイベントの為、ちょうど2グループに別れられるので
主催かつ点数集計のヒャクキュウさんが「とても運営がやりやすい」と言っていましたね♪

試合が終わり、表彰が終わった後は
最後に参加者全員で集合写真を撮影して終了!
ちなみに1位が2人、サイヤリーズさんとチラさんで
3位も2人、アージィさんとケットさんになりました!
集計結果によると、予選から特にサイヤリーズさんとチラさんは
凄まじい強さを発揮していたようです…!
8月のトラシュカ大会の時も、2人とも上位に居ましたし
「ミニゲームがうまい」のかもしれませんね!

…え、私ですか?モチロン予選落ちしましたよ?(笑)
それも最下位で…

続いて、同日の夜21時頃からはシンクさんによる
ええと…【なんか色々行うイベント】が開催されました!
(タイトルはちゃんとあるんですが、長いのでこれでカンベン(笑))
上記は開始待ちの会場様子の写真ですね。

その【なんか色々】の内容ですが…

前座!ヒャクキュウさんによるコント「きら★ぱん」!

これも前座!実際にある「壺算」という落語と
アストルティアで起こった恐ろしい(?)実話を元にした
「~とある財閥さんの壺算~」

そして本編「シンクの部屋」!!
ゲストは私、フラッペ!(笑)

以上!ダイジェストでお送りしました!!

…で、終わらせるのも面白いかな~とも思ったのですが
やっぱり具体的な事は必要ですよね(笑)
ただ、コントと落語については書いていくと大変な事になりそうなので
(主に記事の長さが…(笑))
主催いわく”本編”である後半部分、「シンクの部屋」について書いていきますね。

どこかで聞いた事があるような気がするこのコーナー
その内容はぶっちゃけると「私への公開インタビュー」と言ったものでした。
という事で、以下そのインタビュー部分を抜粋してお送りします!


↑なんとなく、こちら側から客席を撮影したものを貼っておいて…と。

シンク(以下シ):「どうもみなさんこんばんわ シンクの部屋へ!
今日は特別なゲストがこられています、それではお呼びしましょう
我等がサブリーダー、フラッペェェェェエ!!

フラッペ、控え室から会場へ出てくる~

フラッペ(以下氷):「・・・とりあえずさあ、控え室の扉が
開きっぱなしなの、閉めようよ・・・。」
「!」
観客「(笑)」

~開いていた扉を閉める~

「改めて…特別ゲスト、フラッペさんでーっす。」
「はい改めましてフラッペでーっす。」

「ではでは、今更ながらですが自己紹介をかねた質問を1つ。
お名前の由来はなんでしょうか!」
「はい名前の由来ねー、由来も何も【フラッペ】だから
そのまんまかき氷だよな、って話なんだが(苦笑)」
「なるほど、昔北極で争った白熊から名前を引き継いだのか!」
「で、どうしてこの名前に行き着いたかって話なんですがー。」
「(スルーされた!)」
「広場の冒険日誌で見た覚えある人はいるかもですが…
自分キャラの名前は氷関係にしたいな、と思っていた事、かつ
せっかくプクリポでプレイするからには、名前に「パ行」が欲しいよね、と思い
色々と氷関係の単語を探して、この名前になった感じですねー。」
「さすが雪とか氷に反応するだけはあるっっ」
「そうそう、これ時々言っていますが
チーム内のカルッポさんと名前が似た響きになったのは
ガチの偶然だからね!?(笑)」
観客「偶然なのか・・・。」

「ではではお次に、バージョン5にて新しい職業”デスマスター”が増えましたが
私のメイン職業と言えば何ですか!!」
「…って、おめーのメインは旅芸人だろ!!
“私の”って聞き方は誤解を招くぞ!(笑)」
「”私の”言うと確かにややこしいな、”フラッペさんの”やな!
魔法使いのイメージあるけどどうなん?」
「しまった、ついツッコミを入れてしまった…えーっと。
まあ、今言われた通り、魔法使い!!

・・・の・・・つもり・・・・・・・。」

観客「「ツッコミ」じゃなかったのかー。」
「それ職業じゃねえ、役割や(笑)」
観客フラッペさんが魔法使いしている所見た事…あったかなあ…?」
「そう、そこなんですよ。ゲームスタート時は魔法使いだったし、
本職は今でも魔法使いのつもりなんですよ?でもさあ…
例えば、誰かからコインボスとかに誘われたとするじゃないですか。
フラッペさん○○いこー?」→「おっけー、そいつなら賢者で行くわ」
フラッペさんアレいこうぜ」→「そいつなら…占い師かな」
…って、なっちゃうんですよ!!(笑)」
「つまり魔法使いではない、と!」
「とある、実装当時とんでもなく強かったストーリーのボス倒したのだって
確かあの時は…そう、どうぐ使いだったし…。
もうなんというか、最近私魔法使いやってなくない?

…ま、まほう・・・つか、い・・・(目を逸らしながら)」

「てことは「一応魔法使い」って事やな!」
「そんなトコ…(苦笑) ま、まあ時々思い出したように
魔法使いで酒場に預けているので、ヒマつぶしにでも使ってあげてくれ。」

「では続いての質問!なぜ、そのプクリポを選んだのですか!?」
「…一応確認するけど、今の”そのプクリポ”って言い回しは
種族の話?それとも、この見た目の話?」
「種族やのう、一番”人間からは離れている見た目”だと思うが
なぜそれを選んだのか!?」」
「おっけー、これはあまり話した事なかったかも…。
もともとさ、RPGの属性的な話をすると、氷とか水属性が好きだからさ?
だから最初は実はウェディって選択肢も無くはなかったんだよね。」
「まぼろしの魚フラッペ!」
「でも皆様思い出してみてくれ、最初に5種族についての…特徴?
みたいなものの紹介があったじゃない?
あそこでの【花の民プクリポ】の説明でさ、えー…っと…
ちゃんとは覚えてないから曖昧なんだけど、確かこう
「強い魔力と器用さを持つ彼らは、戦いとか、ものを作り出す事より
楽しさを生み出す事を選んだ~」みたいな文章あったじゃん?」
観客「あったあった。」
「たぶん、あの文章が決め手になったんだと思う(笑)」
観客「なるほどー。」
「こう…堂々と宝の持ち腐れしてる感?(笑)
他にはそうね、折角だから人間離れしたキャラもいいかな、って思ったのもあるよ。」
「ほーほー。」
「中身の人は身長高いから、って理由の可能性もあるかも…?」
「185cm!?」
観客「180mくらい!?」
「おいそこ、メートルってどういう事だ(笑)」
観客「201cm!」
「じゃあ202cm!」
観客「203!!」
「人の身長でオークション始めてるんじゃねえ!!」

「では話題を変えますかねぇ。」
観客「55メートルとか・・・」「57メートル!」
「もういいよ!!(笑)」
「えー、”お金大好き!”なイメージのフラッペさん。
もしも10億Gあったら、何に使いますか!!」
「あー…10億Gあったら、か…。
この話題ね、前にチームチャットでも一度話していたんだけど
その時は結論が出なかったんだよねえ。」

「例えば、現実での10億円!だとしたら、無難に「貯金」って答える所なんだけどさ。
ゲーム内だと・・・なんだろうなあ・・・んー・・・」
「やっぱ貯金か!?」
「たとえば”凄く強い最新の装備欲しい!”とか、そういう願望はないし・・・
あーでも、そうだな…旅人バザーを覗いてみて、もし、もしよ?
足装備で、移動速度錬金最大値…えーっと確か
(3.0+0.2)×2&3.0、で合ってたかな?
そんなものが出品されていたら、買っちゃうかもしれない(笑)」
「超はええ!」
観客「さすが畑めぐりガチ勢…。」
「あとは…思いつかないし、いっそのこと
ツボ錬金に大量投資してみてもいいかもしれないね(笑)」
「「1億消えたですよ!」とか…そんなん今後も言うことは無いだろうな!」
「そう、そんなセリフ言ってみたいよね(笑)」

「では続いての質問!フラッペさんの「これは負けねえ!」
と自身を持って言えることは何かありますか!」
「えーっと…、…この質問は、このゲーム内でのこと?
それともリアル中身の話かな?」
「あるならどちらでもー。」
「…と確認はしてみたけど、リアルでそんなにプライドは無いので
こっちのゲームでの話になるかな。」
観客「ツッコミの速さとか?」
「そうだなあ…あくまで「負けねえ」って気持ちなら、
ウチのチーム内で言うなら…
あ、あれだ、アスコンだ。アストルティアプリンセス(プリンス)コンテスト。」
観客「あー(納得)」
「決してツッコミの速さではないね(笑)」
「なるほど、肩を並べられるのはコーラさんくらいだもんな!」


↑こちらがその【第4回アストルティアプリンセスコンテスト】にて
“40選”の枠に選ばれた、フラッペ(上)の作品と
プチコーラさんの別キャラ、パチコーラさん(下)の作品。

「えと、チーム内で言えばアスコン、そして
“気持ち”で言えば写真コンテスト、かな。
ただ、アスコンではない方の、テーマ別の写真コンテストについては
シンクさんの方が上手なんだよねえ。」
「ニヤリ。」
観客「あら意外。」
「これ真面目に褒めてるからね、シンクさん?(笑)
で…このゲーム全体のプレイヤーにも「これは負けねえ!」って
思っている事、と言われると…、…案外「スライドショーを眺める事」かもしれない(笑)」
「ほほう?」
「写真コンテストの度にさ、広場で「応募作品のスライドショー」が流れるじゃん?
あれを観察していく事については、もしかしたら負けないかも?
…ああ、あと…少し前まではね、「しぐさを使ったちょっとしたダンス」にも
少し自身があったんだけど…リベルさんには勝てないわ…。」
観客「お株を弟子のりべるんに奪われた形か」
「特に、今年5月のドレアコンテストで披露された”舞い”、あれ見せられちゃあね…。
いちおう・・・一応さ、そのリベルさん本人いわく
フラッペさんがやってるのを見て、やってみたくなった」らしいから、そこは嬉しいんだけどね(微笑み)」
「つまり弟子が師匠を超えた、みたいな。」
「弟子にした覚えも、師匠になった覚えもないんだけどね~(笑)」

「では続いての質問。ドレスアップにもこだわっているように見えるフラッペさん。
ドレスアップに対して、何か「自分なりのこだわり」はありますか?」
「ドレスアップのこだわりか、これはある方だと思ってるよ。
えーっと、基本的に気をつけているのは3つ…かな。
上下一体の装備は使わない“事、
「同じセットの装備」は二つ以上使わない“事、それから
「一度ドレアに使った装備品は、一部例外を除いてもう使わない“事かなあ。
最近作ったコレもそうなんだけど・・・っと。」

「このドレスアップも、全身5部位とも別々のシリーズにしているのよね。」
観客「なるほどー。」「近いこだわりあるわ。」
「ほほう、して例外とは?」
「ああ例外ってのは、ぶっちゃけこのいつも掛けてるメガネの事だよ(笑)
メガネだけは”一度使ったらもう使わない”は無理だった!」
観客「本体は大事!」「本体だもんなー(笑)」
シ「なるほど、わしにとってのグラサンみたいなもんか!」
「そそ、シンクさんにとってのグラサンみたいなものよ(笑)
あああともう一つだけ例外があって、ゲーム内に存在しているNPCのコスプレを
する時だけは、さっき言った3つの制約は無視してる、かな。」

「流石の拘りっぷり、そしてそろそろいい時間(この時22時)になってきましたので
最後の質問いきましょう!…”最近食べた美味しい物”はなんですか!!」」
観客「ニンドリ恒例のやつ!」
「あー恒例のやつ(笑)最近…だとアレかな?
アイス…アイスサンドの、カントリーマアムのやつ。あれ普通に美味しかったわ」
観客「あーあったねえ。」
「まあそもそもカントリーマアムって時点で、食べる前からおいしいの分かってるんだけどさ(笑)」
観客「ねー。」
「だから”アイスとしては”結構美味しいと思った。
ただ、強いて言うなら、アイスサンドにしているせいで
カントリーマアムとして、の”しっとり感”は無かったかな、って。」
観客「あーそうかぁ。」「アイスだからね~。」
「そうそう。だから”アイスとしては”及第点だけど、
“カントリーマアムとして”見ると微妙かもなあ、って。
ま、気になった人は食べてみてちょうだいな、普通にコンビニとかに売ってるハズ…。」

「それではそろそろ時間も時間なので、この辺りに致しましょう!
本日のゲストは!フラッペさんでしたー!」
「はいどーもーフラッペでしたー、NDWの方もよろしくねー(笑)!」

…はい、以上!わたくしフラッペ
さんにインタビューをされた回、でございました!
インタビュー中に出てきた写真コンテストの話や、アイスの話なんかを振ってくれると
私としても嬉しいので、是非是非!(笑)

それでは最後に定型文で〆!

DQX内の方で こちら「ニンドリ乱取り組」に入隊・再入隊したい方は
フラッペの家(アズラン住宅村 のどかな農村地区2355-6)…もしくは!
ニンドリタウン(マイタウン 番地【2209-7023】)まで来て頂いて
入隊希望の旨を 庭に置いてあるスライムチャイムに書き込むか
お手紙をポストに投函してくださいませ!
(※定員には上限があります)

以上!11月の乱取り組レポートでした!


(編集部より)

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』の開発者インタビューを、ニンテンドードリーム2月号(2019年12月21日発売)やNDWで掲載中です。
こちらもチェックしてくださいね!

こちらの記事も合わせてお楽しみください。
『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』インタビュー
3DS版開発スタッフインタビュー
新世代スタッフが挑戦した国民的RPGに懸ける思い

『ドラゴンクエストXI S』2Dモード開発スタッフインタビュー(近日公開)

© 2012-2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

参考記事 ドラゴンクエストX「ニンドリ乱取り組」チームについて

トップへ戻る