世界にひとつだけのカセット!? 『偽りの黒真珠』ファミコンで動作する幻のサウンドトラック版を公開

シェアする

フライハイワークスが1月24日に発売するNintendo Switch用ソフト『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠』。ニンドリ2019年3月号では開発者のハッピーミール関社長のコメントやキャラクターデザインの荒井清和さんのイラストを交えた紹介記事を掲載しています。

『偽りの黒真珠』はこんなゲーム

『偽りの黒真珠』はファミコンスペックにこだわったコマンド選択式アドベンチャーゲームです。東京で刑事をしている主人公が、上野公園で起きた殺人事件を追いかけるうち、舞台を伊勢志摩へ移す。事件の鍵“黒真珠”を巡る人々の思いが交差しながら真実が明らかになる…。

公式サイトで見られるプロモーション動画は、往年の2時間ミステリードラマを彷彿とさせてくれますよ。

主人公の相棒、ケン。熱血漢の新米刑事

文字やグラフィックを拡大するモード完備なのは現代風だね

ゲーム内で見られるマニュアル。ファミコン時代の説明書っぽい雰囲気バッチリ!

伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠 公式サイト

ファミコン音源でカラオケ機能もある、
こだわりのオリジナル・サウンドトラック・カセット

さて、ニンドリ3月号の記事で少し触れましたが、ハッピーミール関社長から編集部に届いた資料には「オリジナル・サウンドトラック」という言葉と画面写真がありました。

これは、ファミコン実機で動作する『偽りの黒真珠』のサウンドトラックをハッピーミールが開発、実際のカセットにしちゃった!というもの。
ゲーム本編ではなく、ゲームで使用されているサウンドやグラフィックを使って、新たにプログラムを作った、音楽が聴けるサウンドトラック・カセット、という逸品。販売する予定がないものにこれだけの労力をかける、そんなハッピーミールの、コダワリと情熱の深さを感じます。

※ハッピーミールといえば、Switch『協撃 カルテットファイターズ』でも
同様のファミコンカセット版サントラを開発してまして、
イベントのプレゼントにしてました。こちらの記事で実物が見られます

というわけで関社長からいただいた画面写真をご紹介していきますが…。
その前にひとつだけご注意。

Nintendo Switch版『偽りの黒真珠』にこのサウンドトラック機能はありません。
ファミコン実機で動作するよう、ハッピーミール独自で開発されたもので、販売など表に公開する予定はありません。

タイトル画面はSwitch版と煮ているけど、「オリジナル・サウンドトラック」の表示とセレクトメニューの中に「KARAOKE」が!

右上のコマンド選択でトラック番号を選び、再生などの操作をするみたい。曲名もすべて決まってるようです

ゲームのプロモーション動画でも聞ける主題歌「儚い夢のように…」は、曲に合わせて歌詞の色が変わっていくカラオケ仕様! なにせファミコンなので、そのままの主題歌は流れず、ピコピコ音なんですけども

ゲームでも使用されているグラフィックが表示されて、なかなか凝ったサントラになっているようです。
これ…ほしいですよねぇ。ダウンロードコンテンツとして本編を購入した人が追加で買えたらいいのに!  と編集部で勝手に盛り上がってしまいましたっ。

Nintendo DREAM2019年3月号にも『偽りの黒真珠』情報を掲載。
ハッピーミール関社長に直接聞いたゲームの見どころや登場人物のことなど、
さらに詳しいことがわかりますよっ。
トップへ戻る