『スーパーマリオ 3Dコレクション』カメラ操作をリバースに対応、『スーパーマリオサンシャイン』はGCコントローラで遊べるように!

シェアする

任天堂は、Nintendo Switchソフト『スーパーマリオ 3Dコレクション』の更新データ(Ver.1.1.0)を2020年11月17日に配信開始しました。


本作は、NINTENDO 64『スーパーマリオ64』、ゲームキューブ『スーパーマリオサンシャイン』、Wii『スーパーマリオギャラクシー』、3Dマリオ3作を1本のNintendo Switchにした期間限定発売(パッケージ版は2021年3月末まで生産、ダウンロード版は2021年3月31日まで配信)のソフトです。
今回のアップデートでは、新たにカメラのリバース操作に対応しました。


↑「オリジナルにあわせる」を選択すれば、当時のカメラ操作の設定でプレイすることが出来るようになります。

さらに、「ゲームキューブコントローラ」にも対応しました。
(『スーパーマリオサンシャイン』のみ)
別売りの「ニンテンドーゲームキューブ コントローラ 接続タップ」とゲームキューブコントローラを用意することで、原作と同じコントローラと操作で『スーパーマリオサンシャイン』を楽しむことが出来ます。
ただし、ゲーム内のボタン表記は変わっていませんので、キャラクターに話しかける際など、ボタンの推し間違えにご注意を。

『スーパーマリオ 3Dコレクション』は、スーパーマリオブラザーズ35周年キャンペーン期間(2020年9月3日~2021年3月31日まで)の限定発売。価格は6480円(+税)です。


スーパーマリオ 3Dコレクション 公式サイト

©1996-2020 Nintendo

トップへ戻る