初のアーケード版移植! マリオとルイージがビルの解体に挑む『アーケードアーカイブス VS. レッキングクルー』5月1日配信開始!

シェアする

ハムスターは、Nintendo Switchダウンロードソフト『アーケードアーカイブス VS. レッキングクルー』を2020年5月1日より配信開始しました。

「アーケードアーカイブス」は、さまざまなアーケードゲームの名作を忠実に移植することをコンセプトに開発しているシリーズです。
Nintendo Switchでは、任天堂がかつて展開したアーケードゲームの名作たちも、ハムスターより移植され、多数発売されています。

『レッキングクルー』は、マリオとルイージがビルの解体屋となって、決められた壁をすべて壊すのが目的のアクションゲームです。
今回配信される『VS. レッキングクルー』は、任天堂が1984年に稼働開始したアーケードゲーム。実はファミコン版『レッキングクルー』(1985年6月18日発売)より1年前に登場していました。


Nintendo Switchで発売中の『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』には、ステージのひとつとして登場しているので、『レッキングクルー』を遊んだことがない人もなんとなくどんなゲームなのかはわかるのではないでしょうか。
1998年1月1日には、スーパーファミコンの書き換えサービス「ニンテンドウパワー」にて、続編『レッキングクルー’98』が発売。現在はWii Uのバーチャルコンソールで遊ぶことができます。

↑『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』に登場する「レッキングクルー」ステージ

ファミコン版『レッキングクルー』は、これまでバーチャルコンソールやファミコンミニなど、さまざまなゲーム機で遊ぶことが出来ましたが、アーケード版は今回が初です。
その違いは多くあり、2人同時プレイ、ルイージの服の色、ステージ構成、ドラム缶がない、音楽の違いなど、異なる点が多数あります。

こちらは実際にプレイしてみた映像です。
ファミコン版とは異なる、『レッキングクルー』シリーズの原点。
この機会にアーケード版をプレイしてみてはいかがでしょうか。

『アーケードアーカイブス VS. レッキングクルー』は、2020年5月1日配信開始。価格は838円(税込)です。


アーケードアーカイブス 公式サイト

©1984 Nintendo
Arcade Archives Series Produced by HAMSTER Co.
©1985-1998 Nintendo

©2018 Nintendo
Original Game: © Nintendo / HAL Laboratory, Inc.
Characters: © Nintendo / HAL Laboratory, Inc. / Pokémon. / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. / SHIGESATO ITOI / APE inc. / INTELLIGENT SYSTEMS / Konami Digital Entertainment / SEGA / CAPCOM CO., LTD. / BANDAI NAMCO Entertainment Inc. / MONOLITHSOFT / CAPCOM U.S.A., INC. / SQUARE ENIX CO., LTD. / ATLUS / Microsoft / SNK CORPORATION.

トップへ戻る