任天堂の元祖野球ゲームのアーケード版が復刻!『アーケードアーカイブス VS. ベースボール』6月19日配信開始!

シェアする

ハムスターは、Nintendo Switchダウンロードソフト『アーケードアーカイブス VS. ベースボール』を2020年6月19日より配信開始しました。


「アーケードアーカイブス」は、さまざまなアーケードゲームの名作を忠実に移植することをコンセプトに開発しているシリーズです。
Nintendo Switchでは、任天堂がかつて展開したアーケードゲームの名作たちも、ハムスターより移植され、多数発売されています。

『ベースボール』は、1983年12月7日に任天堂が発売したファミコン初の野球ゲームです。今回配信される『VS. ベースボール』は、1984年にアーケードへ展開したタイトルになります。

野球ゲームの原点的作品となる『ベースボール』は、シンプルながら野球の楽しさが楽しめるゲーム。この時代でも球種の選択や盗塁も行うことが出来ます。

こちらは実際にプレイしてみた映像です。
アーケード版は右下にポイントの表示があるのが特徴で、時間経過によって減っていきます。
また、ポイントはプレイ内容に応じても増減していきます。
このポイントが0になると、いわゆるゲームオーバーになります。
アーケードゲームなので、プレイ時間をポイントという形で表現したのでしょうね。
(コンテニューをすれば続きからプレイできます)

任天堂の『ベースボール』と言えば、後に発売された野球ゲームに大きく影響を与えた作品です。
過去に発売したスポーツゲームの中では、『Wii Sports』や『ゴルフ』に続いて大ヒットした記録を持ちます。
そのファミコン版『ベースボール』は、『Nintendo Switch Online ファミリーコンピュータ』や、Wii Uバーチャルコンソールなどで現在も遊ぶことが出来ます。
アーケード版とファミコン版の違いを、この機会に遊び比べてみるのも面白いかもしれませんね。

『アーケードアーカイブス VS. ベースボール』は、2020年6月19日(金)配信開始。価格は838円(税込)です。


アーケードアーカイブス 公式サイト

©1984 Nintendo
Arcade Archives Series Produced by HAMSTER Co.

トップへ戻る