『Nintendo Switch Online ファミコン/スーパーファミコン』にSFCの常識を変えた名作『スーパードンキーコング』などが登場!

シェアする

任天堂は、Nintendo Switch Online加入者限定ソフト『Nintendo Switch Online ファミリーコンピュータ』『Nintendo Switch Online スーパーファミコン』向けに新たなタイトル3本を7月15日(水)に追加しました。

今回追加されたタイトルは、スーパーファミコン向けが『スーパードンキーコング』(任天堂)と『真・女神転生』(アトラス)、ファミコン向けが『ガンデック』(セガ)です。
ゲーム内容については、任天堂公式の紹介映像をご覧ください。

セガがファミコンのゲームを!? …と思う方もいるかもしれませんが、『ガンデック』は1991年にサミーから発売されたファミコンソフトです。
現在はセガとサミーは同じグループ会社ですから、Nintendo Switchではセガのソフトとして配信。「ファミコンのセガ参入第1弾」になるとのことです。

NDWでは今回の追加タイトルの中から『スーパードンキーコング』をピックアップしてご紹介したいと思います。

スーパードンキーコング


『スーパードンキーコング』は、任天堂が1994年11月26日にスーパーファミコン向けに発売したアクションゲームです。
開発はイギリスにあるレア社で、当時の最新コンピュータグラフィック技術を用いたグラフィックが特徴。300万本以上のセールスを記録して大ヒットとなりました。
その後、続編として1995年11月21日に『スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー』、1996年11月23日に『スーパードンキーコング3 謎のクレミス島』が発売されましたが、ドンキーコングが主役として活躍するのは1作目のみでした。

その後、2001年1月21日にゲームボーイカラー専用『ドンキーコング2001』、2003年12月12日にゲームボーイアドバンス版『スーパードンキーコング』が発売。
過去の名作をダウンロードして遊べるバーチャルコンソールではWii、Wii U、Newニンテンドー3DSで配信されました。
そして2017年10月5日に発売された「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」にも収録。
『スーパードンキーコング』は、スーパーファミコンを代表する、長年愛され続けてきた『ドンキーコング』シリーズ屈指の名作なのです。

なお、『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズに参戦しているドンキーコングとディディーコングは、本作がデビュー作になります。
ドンキーコングの生みの親である任天堂の宮本茂さんが、『スーパードンキーコング』に対して語っている20年前のインタビュー記事が、現在も任天堂ホームページで閲覧できます。
ドンキーコングにネクタイを付けるようにデザインの指示をしたのは、宮本さんなんだそうですよ。
『スーパードンキーコング』をレア社が開発するようになった経緯なども語られていますので、興味のある方はあわせて見てみると面白いかもしれません。
https://www.nintendo.co.jp/nom/0002/01/miyamoto.html

長くなりましたが、こちらがNintendo Switchでのプレイ映像です。
今見ても色あせない美しいグラフィックにうっとり…。
サウンドを手掛けたデビッド・ワイズさんの音楽はいつ聴いても素晴らしいですね~。
未プレイの方は、この機会にぜひプレイしてみてください。

任天堂はゲームプレイの際、役立つテクニックや隠しコマンドなどを動画で公開しています。
こちらもあわせてチェックしてみてください。


ファミリーコンピュータ & スーパーファミコン Nintendo Switch Online 公式サイト

©1994 Nintendo
 

トップへ戻る