[TGS2018]任天堂も出展?ビジネスデイ1日目で見たもの

開催中の東京ゲームショウ2018(以下 TGS2018)。
ことしはこのNDWにて、ニンドリ編集部員それぞれが気ままに?レポートしていきます。

さて、ビジネスデイ1日目。
一般の人が通常は入れないこの日。

ウワサの任天堂の出展についてもチェックしてきました!(レポート:編集長りふぁ)

カバーイラストはイラストレーター・マイトウさん(@maitou)にご提供いただきました!

任天堂専門誌として、任天堂を見て来ました

ニンドリ的に欠かせないのは、日本ゲーム大賞2018。
任天堂タイトルがたくさん受賞しますし、開発スタッフや広報のみなさんもいらしてます。

ニンドリのツイッターでもいつも、速報的につぶやいています。

ほらほら!

しょっぱなから小泉さんですよ!!

<それはちゃんと別でレポートしてもらうとして…>

今年のTGSは、「任天堂が出展する!?」と話題になりましたね。
そのことがユーザーのあいだではすこし一人歩きしていたように思いますが、通常のブース出展ではなく「ビジネスデイのみ」、しかも「ビジネスミーティングエリア 」です。

ビジネスデイをふつうに入って見て回っても、とても行かない場所にそれはあります。

建物の外観。その名を国際会議場という。

中からも行けた。

商談の場…!

おじゃましました。

会場全体図を見てもらえればわかるとおり、任天堂スペースは大きく取られ、4つのRoomに仕切られています。

国内はもちろん海外からも多くの人が訪れるこの機会に、きっとたくさんの人が、任天堂との商談を行ったのでしょう。

今後どのような広がりを見せるのか・・・!?

公式サイト ビジネスデイでの商談について
ビジネスミーティングエリア について詳しく知りたい人はこちら

展示会場にも、任天堂の出展ブースはないものの、Nintendo Switchのタイトルがあちらこちらで数多く出展されました。

各メーカーさんのタイトルは、担当のレポートや今後のニンドリを見ていただくとして…。

インディーズタイトル、インディーズブースもにぎわいました。
リンク [TGS2018]『DARK SOULS』風カジュアルアクションRPGに学生の卒業制作も!? 注目のSwitchインディーゲーム5選

TGS2018に行かれる方は、ぜひさまざまなタイトルを実際に体験してください!


最後に個人的な思い出をひとつ。

『イナズマイレブン アレスの天秤』を体験。
レベルファイブブースでゲーム体験をすると、ランダムでバッジがもらえます。

もんげーあるカプセルからひとつ選ぶと・・・

稲森明日人くんでした〜!

と思ったら、

『イナズマイレブン』自体がレアなのね!!!

ちょっとウレシイ。
→レアじゃない説浮上! 編集部こあらのレポート

それから、国際会議場で任天堂の藤林さんにバッタリ。昨年『ブレス オブ ザ ワイルド』が大賞をとったことを思い出してしみじみしていたら…今年も、まさかの!

#ところで会場で声をかけてくださった読者のみなさん、ありがとうございました!一般招待者枠があるんですねー


公式サイト TOKYO GAME SHOW 2018

トップへ戻る