12年ぶりの『ドカポン』完全新作は『うたわれるもの』とのコラボ! 『ドカポンUP! 夢幻のルーレット』12月10日発売!!

シェアする

アクアプラスは、Nintendo Switchソフト『ドカポンUP! 夢幻のルーレット』を2020年12月10日(木)に発売すると発表しました。

『ドカポン』シリーズは、RPG要素を盛り込んだすごろくタイプのボードゲームです。
シリーズの歴史は長く、第1弾はスーパーファミコンソフト『決戦! ドカポン王国Ⅳ ~伝説の勇者たち~』で、1993年12月10日に発売されました。
翌年には続編『ドカポン3・2・1 ~嵐を呼ぶ友情~』が1994年12月2日に発売。キャラクターデザインを漫画家の柴田亜美さんが手掛けられていたことで、当時注目を集めました。
翌々年の1995年12月1日には第3弾となる『ドカポン外伝 ~炎のオーディション~』が発売。
こちらのキャラクターデザインはアニメーターの佐藤元さんが担当しました。
このように、キャラクターデザインがタイトルごとに異なっているのも『ドカポン』シリーズの特徴です。
その後、さまざまなゲーム機で下記のような続編が発売されてきました。

・『ドカポン! 怒りの鉄剣』(プレイステーション:1998年11月5日発売)
・『ドカポンDX 〜わたる世界はオニだらけ〜』(ゲームキューブ:2003年4月10日発売/プレイステーション2:2004年7月8日発売)
・『ドカポン・ザ・ワールド』(プレイステーション2:2004年11月3日発売)
・『ドカポンキングダム』(プレイステーション2:2007年11月22日発売)
・『ドカポンキングダム for Wii』(Wii:2008年7月31日発売)
・『ドカポンジャーニー! ~なかよくケンカしてっ♪』(ニンテンドーDS:2008年7月31日発売)
※上記以外にもゲームボーイカラーやゲームボーイアドバンス、iアプリ向けにいくつかのスピンアウト作品があります


↑『ドカポンキングダム for Wii』の画面。実は『ドカポン3・2・1』のリメイク作


↑『ドカポンジャーニー!』の画面。こちらは『ドカポンIV』のリメイク作


『ドカポン』シリーズについて、だいたいの説明したところで、最新作について紹介します。
今回発表された『ドカポンUP!』は、約12年ぶりの完全新作です。
アクアプラスのアドベンチャー+シミュレーションRPG『うたわれるもの』シリーズとのコラボレーション作になっていて、キャラクター、ステージ、アイテム…などなど、すべてが『うたわれるもの』の世界観になっています。
というわけで、まずは登場キャラクターからご紹介します。


『うたわれるもの 偽りの仮面』より

●ハク(CV:藤原啓治)

記憶を失い、裸同然で倒れていたところをクオンに助けられ、ハクという名を授けられた青年。
勤勉とは言えない性格だが機転が利き洞察力に優れる。
ヤマト帝都までの道のりで同行していたオシュトルに才を見込まれ、仲間たちと共にその下で密偵として働く事となる。

●クオン(CV:種田梨沙)

山中を彷徨っていたハクを助け、名付けた可憐な少女。
活発で賢いが、どこか超然としたところがある。
大の風呂好きで、湯船に浸かるのが一番の幸せ。
薬師をしつつ旅をしているところを、ハクと出会い共に旅をすることになる。
ヤマト帝都に上京した後は、ハクや仲間たちと共に右近衛大将オシュトルの配下として働いている。

●アンジュ(CV:赤﨑千夏)


ヤマトの皇女。帝ただ一人の直系の子であり、民には熱烈な信奉者も多い。
非常に幼い外見をしている。
やんごとなき身分を発揮した言葉づかいそのままの気ままで鷹揚な性格。
町娘の扮装で宮廷から抜け出しハクたちの拠点がある白楼閣に現れては、自室のように寛いでいる。
お忍びでハクを引き回すうちに、自分を姫として特別扱いしないハクに好感を持つ。

●ネコネ(CV:水瀬いのり)

オシュトルの妹。まだ幼さの残る可愛らしい容貌で理知的だが背伸びした敬語で喋る。
最難関である殿試に歴代最年少で合格し哲学士の資格を手に入れたが、年が若すぎるため保留とされている。
太古の事柄を調べるのが趣味でその分野についてはクオンと話が合う。
偉大な兄を過剰なほどに慕っておりその兄に請われ、ハクの補佐役を引き受けるが、兄とは対照的なハクの態度が気に入らずよく怒っている。

●ウコン(CV:利根健太朗)

腕っ節が強く気のいい任侠者。
屈強な体つきに顎髭をたくわえた豪快な偉丈夫で部下の信頼も厚い。
正体は右近衛大将オシュトルで市井を秘密裏に見回るために身分を隠し、ウコンとしての姿を利用している。
オシュトルの立場では平素から仮面を身に着けており文武両道清廉潔白で、民からの信頼は篤く帝にも重用されている。

『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』より

●ハクオロ(CV:小山力也)

不思議な仮面が印象的な青年。
大怪我をして倒れていたところをエルルゥに助けられ彼女の村のために尽力する。
目覚める以前の記憶が一切無く名前もエルルゥの祖母につけられたもの。
卓越した知識と穏やかな性格で村の中心人物となっていく。
後に、重税を課す王朝への叛乱軍盟主として立ち上がりこれを打倒。
トゥスクルを建国してその皇となる。

●エルルゥ(CV:柚木涼香)

名薬師の祖母トゥスクルより技術を引き継いだ少女でアルルゥの姉。
人を選ばず丁寧な話し方で対応し明るく誰にでも好かれる性格だが、やきもち焼きなのが唯一の欠点。
ハクオロの恩人で、大怪我で倒れていた彼を助けた。
完治後も彼を慕い、心体両面でサポートしている。

●アルルゥ(CV:沢城みゆき)

動物と心を通わすことが出来る少女でエルルゥの妹。
非常に無口で最低限のことしか話さない。
人見知りが激しいが、一度なつくと甘えんぼになる。
両親は他界しており、父親と同じ名前のハクオロを「おと~さん」と慕う。
巨大なムックルと霊獣ミキュームであるガチャタラを従えている。

●カミュ(CV:釘宮理恵)

大神ウィツァルネミテアの教義を守る宗教國家オンカミヤムカイの皇女で、ウルトリィの妹。
一見とても元気な少女で、社交的な印象を受けるが特異な出自から友人が少なく、さびしがり屋な一面も。
國師補佐として、ハクオロ達の國にやってきた。
アルルゥとは、アルちゃん、カミュちーと呼び合う仲で一緒に行動することが多い。

●ヌワンギ(CV:吉野裕行)

某國の藩主の息子でエルルゥの幼馴染。
エルルゥと同じ村で子供時代をすごし元は純朴な少年だったようだが、突然、跡継ぎとして連れ去られてからわがままな性格に変わってしまった。
エルルゥに好意を寄せており、裕福な暮らしをさせてやるためと称して出世を目論む。

なお、『うたわれるもの』の原作ゲームは3部作。
第1弾『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』
第2弾『うたわれるもの 偽りの仮面』
第3弾『うたわれるもの 二人の白皇』
まだ登場していない作品やキャラクターについては、今後の情報をお楽しみに!





本作オリジナルの物語が展開する「ストーリー」モードでは、フルボイスのメインストーリーなどが楽しめます。
プレイヤーはハクとなり、物語を進めながら各ステージをクリアしていきます。
こちらが『ドカポンUP!』のゲーム画面です。
マップやキャラクターは3Dで表現されており、「ストーリー」以外のモードではハク以外のキャラクターを選んで遊べます。
マップは「トゥスクル周辺」など、原作でおなじみの場所が登場するようです。


基本的な遊び方は、すごくシンプル。
すごろく状のステージを、ルーレットの出た数字の数だけ進んでいき、マスに止まるとケモノとの戦闘、トラップの発生、アイテムの獲得、キャラクターイベント…などなど、いろいろなイベントが発生します。
チュートリアルも充実しているので、はじめて『ドカポン』シリーズを遊ぶ人でも安心して遊ぶことが出来ます。

なお、各マップのクリア目的(クリア条件)は何種類かがあります。
「資産対決」なら「一番多くお金を集める」、「キルレース」なら「他プレイヤーを決められた回数倒す」…などなど。
さまざまな対決方法が楽しめるのも『ドカポン』シリーズの特徴です。





こちらはバトルシーンのようす。
先攻か後攻かはランダムに決定し、「攻撃」には「防御」が有効…といったような、相性の概念もあります。
マップ上にいるケモノなどを倒すことで、プレイヤーはレベルアップして成長します。


レベルアップはステータスの上昇に加え、スキルを習得することも。
スキルはバトル時に使用するもの、フィールドで使用するものなど、さまざまあります。
習得するスキルはキャラクターごとに異なるため、どのキャラクターでプレイするかによって異なる楽しみ方が出来ますよ。



本作はオフラインマッチ/オンラインマッチにも対応しており、最大4人で対戦を楽しむことが出来ます。
スタンプ機能も搭載されているので、オンラインのコミュニケーションツールとして使ってみてください。

最後は限定版「プレミアムエディション」情報です。
描き下ろしイラストでデザインされた専用パッケージに、「ドカポンUP! 夢幻のルーレット ビジュアルブック」、「アクリルキーホルダー2種(ハク・クオン)」、「オリジナルサウンドトラック」、DLCキャラクター「アンジュ戦闘Ver.」ダウンロード番号が同梱されています。
なお、DLCキャラクター「アンジュ戦闘Ver.」は、初回生産分の通常版パッケージにもダウンロード番号が封入されており、ダウンロード版は期間限定で入手することができます。



12年ぶりの『ドカポン』シリーズ最新作、ぜひ注目してみてくださいね!

『ドカポンUP! 夢幻のルーレット』は2020年12月10日(木)発売予定。価格はパッケージ版が6380円(税込)、ダウンロード版が5500円(税込)です。限定版「プレミアムエディション」が9130円(税込)です。


ドカポンUP! 夢幻のルーレット 公式サイト

©AQUAPLUS ©STING
©2007-2008 STING
©2008 STING

トップへ戻る