ピカチュウジェット就航開始! 沖縄の魅力を伝えるさまざまな取り組みも発表

シェアする

2021年6月21日、株式会社ポケモンによる「そらとぶピカチュウプロジェクト」が発足しました。昨今、大きな影響を受けている観光・航空事業へ貢献したいという想いから生まれたというこのプロジェクト。その第一弾として、スカイマーク株式会社との連携で「ピカチュウジェット BC」が本日21日より就航することも発表されました。

そらとぶピカチュウプロジェクト 公式サイト

プロジェクト説明会は、本日これから沖縄へ初就航となるピカチュウジェットの前で行われました。パイロット姿のピカチュウと共に、株式会社ポケモン 代表取締役社長の石原恒和さん、スカイマーク株式会社 代表取締役社長執行役員の洞駿さんが登場。プロジェクト発足の経緯や想いについて語られました。このピカチュウジェットの就航は約5年間とのこと。いまだ世界的にも旅行や遠出がなかなか難しい状況が続いていますが、この「そらとぶピカチュウプロジェクト」に関しては「長期に渡って、じっくりと取り組む」予定であることも語られました。

黄色のボディが一際明るいピカチュウジェット。普段はちょっと見えにくい、お腹の部分にもしっかりピカチュウが描かれているのがこだわりのポイントなのだとか。

外観はもちろん、機内でもたくさんのピカチュウを見つけられます。とある席の窓からエンジンを見ると…!? というように、意外な場所にいる隠しピカチュウも。「そらとぶピカチュウプロジェクト」オリジナルデザインの「キットカット」、メディコムジャパン提供の「ピカチュウジェット BC」オリジナルマスク、紙コップなども用意されています。

ピカチュウジェットの就航先を中心に、世界各地で様々な取り組みが行われることも発表され、その最初の取り組み先である沖縄県でのイベントや商品展開なども明らかになりました。

今回の発表会では、沖縄の県産品であるかりゆしウェアを身にまとったピカチュウ(通称:かりゆしピカチュウ)も登場。このかりゆしピカチュウは、7月から順次始まる沖縄県内の観光施設との取り組みで、他のポケモンたちとともに沖縄を盛り上げるために出迎えてくれるとのこと。

スマートフォンアプリ『Pokémon GO』でも、日本でのリリース5周年となる7月22日から、かりゆしピカチュウが沖縄で出現します。こちらは1年以上の長期間にわたって出現予定です。また、沖縄周辺のような暖かい地域でしか出会えないサニーゴ。このサニーゴの色違いも7月22日から出現するとのこと(こちらは期限はありません)。

沖縄都市モノレール、通称:ゆいレールでも本日21日から「そらとぶピカチュウプロジェクト」オリジナルデザインのラッピング車両が運航開始。那覇市街の路線バス(東陽バス、琉球バス交通、那覇バス、沖縄バス)でも「そらとぶピカチュウプロジェクト」オリジナルデザインのラッピング車両が登場するとのことです。

今回、他にもさまざまな沖縄県との取り組みが発表されました。本当に盛りだくさんの内容なので、ぜひ公式サイトからチェックしてみてくださいね!

そらとぶピカチュウプロジェクト 公式サイト

©2021 Pokémon. ©1995-2021 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
トップへ戻る