[みんなのオススメゲーム]ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

『ゼルダの伝説』シリーズに一切興味がなくてもいいんです!

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
■Nintendo Switch/Wii U ■2017年3月3日配信 ■任天堂

(投稿者:編集部りふぁ)

※この記事は2017年3月3日に旧WEBLOGで公開したものです

雑誌記事作成のため、一足お先に『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(以下『ブレス』)をプレイさせてもらっていました。

発売日にNintendo Switchを買う人は、『ブレス』をやりたい人が多いと思うんです。
でも、「新しい本体だから何となく」とか、「『スプラトゥーン2』が出るから今のうちに買う」という人も中にはいますよね。

いやいや。

『ゼルダの伝説』シリーズに一切興味がなくてもいいんです。
新しい「体験」を求め、面白いゲームを遊びたい!という人なら、『ブレス』をスルーしちゃもったいないよと!

…「ニンドリはどうせいつも『ゼルダ』プッシュするんでしょ?」と思っている人もいるかもしれません(笑)。が。
もはや『ゼルダ』であるかどうかは一度忘れてもらっていいです。
今までの「『ゼルダ』のアタリマエを見直す」、そんなコンセプトで作られた『ブレス』は、シリーズファン以外の人もより入りやすいはずです。

(注)Nintendo Switchの同時発売タイトルとして期待の高い『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ですが、Wii Uでも楽しめます!

『ブレス』は、主人公リンクを操作し、広大な世界を自由に冒険していくゲームです。
これまでの『ゼルダ』シリーズは、順にダンジョンをまわって新しいアイテムを手に入れ、謎や仕掛けを解いていくものでした。いっぽう今作の『ブレス』には決まった順序はなく、最終的な目的地を目指しはするものの、ダンジョンに行くも行かないも自由です。
目の前の高い山にはよじ登ることができ、高いところから滑空して新しい土地を目指したり、食材を集めて料理をしたり…。暑い場所や寒い場所でそれなりの対処が必要になるなど、どのように道を切り拓くのかが面白いところです。

編集部では、それぞれのプレイヤーによって遊び方が異なり、会話が盛り上がっています。
「そんなやり方があったか…」「その場所は気づかなかった!」という発見が毎日あったり、旅に有用な情報を交換をしたり。
そうやってひとりひとり遊ぶのもいいですし、家族でワイワイ「あっちに行ってみようよ」とか「こうしてはどうだろうか」とか楽しむのも最高だと思います。

グラフィックは、やわらかく牧歌的な雰囲気。風や空気を感じられる絵づくりが、とても心地いいです。
リアルなようで記号的であり、ストレスなく遊べるところが素晴らしい。

そして「『ゼルダ』のアタリマエを見直す」とはいえ、『ゼルダ』の面白さの本質はゲームならではの「体験」。
今回の「一本道にはしない」「見えるところにはどこでも行ける」などといった作り手のチャレンジによって、これまでの『ゼルダ』の醍醐味を振り切って、200%にしてくれたように思います!

(なので、サクッと攻略見ちゃうよりは、自分でできることから試したり、誰かに聞いたりして楽しんでほしいなあ)

ずっと遊んでいたくなるので、時間を作ってじっくり楽しんでくださいね!

最後に、「『ゼルダ』って難しいのでは?」と思っている人にひとつ。
私も正直、「毎日、料理ばっかりして、先に進まないのでは?」「自分はヘタだから、敵とちゃんと戦えるかな?」と思っていたんです。が、だ、大丈夫でした!!
自由度が高く、さまざまな方法でなんとかなるからです。
そして、「つらい」と感じてしまうことよりも、「おもしろい」と感じられるように舵をとられているからなんですね。
(もちろん、敵と戦うのが好きな人は、強い敵を倒す楽しみもあります!)

ニンドリの記事でも、この世界を旅して楽しんだ様子をお届けできたらと思います。
皆さんも、ぜひ自分らしい遊び方を楽しんで、投稿などでも教えてくださいね。

ⓒ 2017 Nintendo

みんなのオススメゲーム 投稿募集
「みんなにもこのソフトをぜひ遊んでみてほしい!」という思いを交換し合う、投稿形式のコラムコーナー。あなたのオススメするゲームを、あなたの言葉で綴ってください。ダウンロードソフトやインディーソフトも歓迎です。
ニンテンドードリーム本誌「私のオススメゲーム」or WEBサイトNDW「みんなのオススメゲーム」で紹介予定!
くわしくはこちらのページをご覧ください。
トップへ戻る