任天堂 中野祐輔さんに訊く!『スマブラSP』全員参戦イラスト 制作秘話

シェアする

巨大な横長イラストとしてファイター全員が描かれ、発表のたびに変化していくアートワーク。発売前から多くの驚きを与え、期待を膨らませるものでした。
このアートワーク制作を担当した任天堂の中野さんに、気になるポイントを質問!
変化していくイラストの変遷もあわせて紹介します!

[『スマブラSP』特集 桜井政博さんへのインタビュー その1 はこちら]

任天堂 中野祐輔さん Profile 『ゼルダの伝説 時のオカリナ』など多数のアートワークを手がけ、『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』ではメインキャラクターデザインを務めた。『スマブラSP』では、この大作アートワークを手がけている。


まずはイラストの変遷を振り返る!

E3 2018 初公開

リドリーの新規参戦が発表されたE3。迫力の1枚!


大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL Direct 2018.8.8 公開

シモン、リヒター、クロム、ダークサムス、キングクルールが参戦

Nintendo Direct 2018.9.14(全員参戦9.14)公開

しずえ参戦。「ちなみに、全員参戦イラストでの登場場所は……」と映像が公開に

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL Direct 2018.11.1 公開

ケン、ガオガエンが加わり、発売時の参戦ファイターはこれにて全員がそろった

そしてパックンフラワー参戦!


さらに! ジョーカー&モルガナも登場!


横長の壁画風イラストが作られた きっかけなどを教えてください

中野 E3などのイベントやプロモーションにインパクトを出すため、全キャラ入りの横長巨大壁画を作れないか? というアイデアが桜井さんからありました。密度のあるリアル調の手描き絵で進めることになったのですが、私が中心で制作するのが一番早いだろう、ということになり腹を括りました。
絵のタッチについては、まずマリオと『ブレス オブ ザ ワイルド』のリンクを油絵調の厚塗りで描いて桜井さんにお見せしたところ、気に入っていただきOKをいただけたので、そこのスタートはスムーズでした。全員参戦イラストの中で、最初に描かれたのがこの2キャラです。


変化していく絵をどのように調整したのでしょうか?

中野 まずはE3で公開される66体のキャラについて、横長構図上で「どんなポーズをさせて」「どう配置していくか」を、線画ラフを描きつつパズルのように組み替えて構成を検討しました。スマブラは参戦キャラ全員が主役ですので、センターなど一部分を目立たせるのではなく、あえて全画面に均等にキャラを配置しました。「どこを切り取っても、見どころがある」がテーマです。
また、全体を均等化することで追加キャラを配置しやすくなる利点もあります。追加キャラについては、もともと置き場をイメージしていたものもありますが、ほとんどはその都度で試行錯誤しながら配置しています。
全体構成バランスと各キャラのポーズ案を考えつつ、それらのポーズについて各キャラの原作者確認を取りつつ、パッケージなど縦長構図への組み換えのしやすさも想定して…と、全て平行しつつの相当大変な作業でしたが、想像以上にスムーズに全体構成スケッチが決定していきました。あの時期は自分に何かが降りてきていた気がします。
作画については、初出のE3まで5か月しか猶予が無い中、同じチームのスタッフにも背景やディテールの作画を手伝ってもらいながら何とか間に合わせることが出来ました。

発表時の変化

新しく参戦ファイターが発表になったときには、このアートワーク上にも新ファイターが追加されていく様子が、映像でクローズアップされた。
どこに加わるのか? 全体を見回してから空いた部分にカメラが寄っていき、光を帯びてファイターの姿が現れる。


作画について工夫したポイントや
印象深かったことを教えてください

中野 アクションポーズが主ですが、見る人の発見や話題につながると楽しいだろうと思い、薬味的に小ネタを挟んでます。構成ラフを描いた際に、頭に浮かんだものを入れ込みました。マリオやゼルダ、ピクミンといった自社キャラには、もう30年近く絵作りに関わってきたので、それなりに要領というか「イジりかた」を知っているつもりですが、他社さんからお借りしているキャラをイジるのは勇気が要りましたね。ルフレが無関心に本を読んでる感じとか、怒られないだろうか…と思って提案したら、逆に好評で嬉しかったりしました。
個人的には、カプコンさんの原作アートワークのファンでもあるので、『ストリートファイター』シリーズのキャラを描かせていただいたことは非常に感慨深かったです。あとはポケモン達のフォルムの洗練度の高さを、描いてみて改めて実感しました。

こんなポイントにも注目!

勢いのあるリュウ!

Dr.マリオがMr.ゲーム&ウォッチを聴診?

ひとり戦術書を読みふけるルフレ。そこへ、それを見るクロムが加わる



このアートワークに関することで
思い出のエピソードがあれば教えてください

中野 本作の発売前に行われたNintendo Liveの会場でも、このイラストの大判プリントが装飾として使われましたが、私も会場視察の際に、絵に集まる人々の反応などを近くで観察していました。もともと、大きいプリントを想定して制作した絵でしたので、あの使われ方は理想的です。
「すっげ!」「圧巻だね」といった声を上げられた来場者のみなさんのご反応は、自分にとって何よりのご褒美と感じられました。また、年齢性別問わず、推しキャラの横に並んで記念撮影されるお客様の姿も多く見られ、アートワークがお客様とキャラクターとの触れ合いや幸せな時間に、まだまだ貢献できるという希望が湧きました。今後も気合を入れて描いていきたいと思います。

Nintendo Live 2018 in 京都

※当サイトをスクリーンショット撮影して無断使用・掲載することはお控えください。シェア(リンク先URL共有)でお願い致します

NDW スマブラSP 特集

[インタビュー その1 はこちら]

© 2018 Nintendo
Original Game: © Nintendo / HAL Laboratory, Inc.
Characters: © Nintendo / HAL Laboratory, Inc. / Pokémon. / Creatures Inc. / GAME FREAK inc. / SHIGESATO ITOI / APE inc. / INTELLIGENT SYSTEMS / Konami Digital Entertainment / SEGA / CAPCOM CO., LTD. / BANDAI NAMCO Entertainment Inc. / MONOLITHSOFT / CAPCOM U.S.A., INC. / SQUARE ENIX CO., LTD. / ATLUS

トップへ戻る