FE風花雪月インタビュー vol.1-2【追加コンテンツ後編】〜サイドストーリーで目指したもの〜

シェアする


2月13日に配信された追加コンテンツ最終弾、サイドストーリー「煤闇の章」についてお話をお聞きしました。サイドストーリー制作の経緯や狙い、そこに込められたお二人のユーザーへの想いを紐解きます。
※こちらはニンドリ2020年5月号に掲載されたインタビュー記事のアーカイブです

『ファイアーエムブレム 風花雪月』開発者インタビュー トップ

任天堂 
横田弦紀さん(よこたげんきさん)

インテリジェントシステムズ
草木原俊行さん(くさきはらとしゆきさん)

サイドストーリーで描かれる残された4つの紋章の謎は実は謎のままの予定だった!?

── では、ストーリー的な面でサイドストーリーだからこそこだわった点というのはありますか?

草木原 たとえば枢機卿団ですとか、本編で名前は出てくるけど、その実態についてはほとんど描けなかった部分や、教団そのものに焦点をあてたお話を描きたいとは思っていました。

横田 あとは、本編で使っていない紋章もあるよね、というところからもストーリーを膨らませてもらいました。

── サイドストーリーのためにとっておいたわけではなかったんですか?

草木原 僕としては、あの4つの紋章は、そのまま出さずにおいておくつもりだったんですよ。あえて揃わないピースを入れることで、この世界は見えている以上にもっと広がっているんだよ、という余白を作っておきたかったんですけど…揃っちゃいましたね(笑)。

一同 (笑)

横田 この時代ですべてが明らかになるわけではない、みたいなイメージですよね。

草木原 長い歴史の中の一部を切り取ったものが今回の『風花雪月』のお話である、というような、大河ドラマっぽい作りにしたかったんです。

横田 でも、実はコーエーテクモゲームス(以下、コーエーテクモ)さんのほうで、使わない予定だったその紋章にもちゃんと最初から効果が設定されていたんですよ。

草木原 使われてはいないけどシステムとしてはすでに設定があって、それが追加コンテンツに活かされることになりました。

本編のクリア特典で得られる紋章アイテムには、本編で登場しない紋章も含まれていた

どんでん返しもあり、かつ1周目からでも楽しめる物語をいろんな人に体験してほしい

── サイドストーリー全体を通して、すごく先が気になる展開だなと感じました。まさにやり始めたら止まらないというか…(笑)。

横田 そこは草木原さんが意識して、どんでん返しも交えたストーリーに仕上げてくれています。

草木原 最初はもう少し長かったんですが、サイドストーリーとしてちょうど良い長さの中できちんと完結させるために調整して、今の話になりました。

横田 第四の学級は、最初はワルい連中だと思ったけど、話してみると実はいい奴らで、でも本当は…みたいな、思わせぶりな展開にしているので、先が気になるのかもしれません(笑)。

── あのアイテムの真実は、ですとか、気になっていた主人公のお母さんの話も絡んでくるので、早く先を見たくて一気に遊んでしまいました。それに全部のルートをプレイした後だと、ニヤッとできる会話があったり…そういう部分は意識して組み込まれているのでしょうか。

草木原 意識はしていたと思います。ただし、サイドストーリーは本編とは切り離されていて、タイトル画面からダイレクトにプレイできるようになっているので、一応本編を遊んでいなくてもお話的に成立するようにはしました。

横田 全ルートを遊んでいるのを前提にするのはさすがに申し訳ないですし…。ただ、本編をまったく遊ばずにサイドストーリーから始めると、教団がどんなところか、レアがどんな人かというのもよくわからないと思いますので、まずは本編を何節か遊んでいただいてからサイドストーリーを遊んでもらえると良いかと思います。

草木原 一応、サイドストーリーは本編でいうところの「天帝の剣」を手に入れた直後あたりのお話という設定になっていますので、それぐらいのタイミングで遊んでいただけるといいかな、と。

横田 そのタイミングでサイドストーリーをクリアして本編に戻ってくると、いい感じで第一部も展開が盛り上がってくるし、ユーリスたちを仲間にして戦力強化もできるので、そういう遊び方もしていただけると嬉しいな、と思っています。僕らはすでに最後まで遊んでしまっているので、1周目から本編の間にサイドストーリーを挟む進め方は想像上でしかできないのですが…。

── 追加の4人が気になる人は、1周目からでもサイドストーリー含めて時間軸順に体験する遊び方もアリだよ、ということでしょうか。

横田 そうですね、ぜひ楽しんでもらえれば嬉しいです!

サイドストーリー中も、ときおりアビスを探索できる。アビスの住人や生徒たちと交流もできるが、本編をプレイ済みの人にはちょっと気になる会話が聞けることも…!?

まだまだ訊きたい一問一答!
〜サイドストーリー&追加コンテンツ編〜

ここで、サイドストーリーや着せ替え衣装などの追加コンテンツ全般について、さらにこれまでに実施された無料アップデートの内容についてなど、ちょっと気になる質問をぶつけてみました。

◆アビス制作にあたり、ユーザーからの反応を見て調整した部分はありますか?

横田 アビスの入り口にいる番人とかは、門番さんの人気ぶりからコーエーテクモさんが仕込んでくれたんじゃないかなと思います(笑)。

草木原 地下書庫は、もともと本編で描ききれなかった部分を補完したいという思惑で入れていますし、占星術師なんかも、好きな組み合わせの後日談が見たいという意見が多かったからかなと。

横田 とはいえくっつけられるのは一組だけだから、実はそんなには自由はきかないんですけど。

草木原 どうしても押さえたい組み合わせは定められる、という程度で。それでもかなり価値はあるのでは、という気もしますけどね。

途中で登場する死神騎士が、サイドストーリーでは使えないはずの闇魔法試験パスを持っていたり、ユーザーに向けた粋(?)な演出も!?

◆追加コンテンツや無料アップデートの内容で印象に残っていることは?

横田 セーブスロット増加は印象に残っていますね。コーエーテクモさんから増やしたいです、とご提案いただいたんですが、セーブデータ周りについてはバグが出ないかどうかが非常に怖い部分なので、ふだんは増やしすぎないようにしているんです。

でも、これだけたくさんの方に周回プレイをしていただいていて、好きなシーンを後から見られるように取っておきたいという気持ちもすごくわかるので、コーエーテクモさんからご提案いただけたのはとてもありがたかったですし、挑戦してみることにしました。結果、とくに不具合も無くて良かった(笑)。

草木原 昔はメモリ制限でセーブスロットはあまりたくさん作れなかったですし、昔からゲームを作っているせいもあって慎重にはなっていました。DS時代とかは3つが限界だったりしましたから。

横田 こちらとしてもびっくりするような数に一気に増えましたよね。

草木原 プレイヤーの皆さんからもすごく喜んでいただけたので、チャレンジして良かったなぁと思います。内容によるとは思いますが、次があれば最初からなるべく多くしたいですね(笑)。

◆追加コンテンツとして着せ替え衣装を作ろうと思ったのはなぜですか? また、お二人の推し衣装はどれですか?

横田 追加コンテンツでアビスや第四の学級を作ろうと思ってはいたのですが、開発に時間がかかる分ソフトの発売から間が空いてしまうので、それとは別にコンスタントに出せるものを検討したんです。そのなかで、追加衣装は比較的作りやすいし、このゲームにも合っているだろうと思い至りました。

衣装のラインナップについては、開発スタッフみんなで相談して出し合ったりして、なかなか個性的なモチーフが揃ったかなと思います。訓練服とか嫌いじゃないよね、みたいな(笑)。あと、僕は夏服が好きなのでよく着せてますね。色合いがガラッと変わるので、気分転換に主人公にも着せたりしてます。

草木原 推し衣装ですか…そうですね…それぞれの衣装にそれぞれ思い出があるんですが…。

横田 そこはやっぱり従者の服じゃないですか?

草木原 従者の服(男女)は、元は騎士団用の服として少し抑えめなデザインにしていたんですが、あらためてスクリーンショットで見てみるとわりと誰に着せても似合っているな、と思います。結果的にたくさんの方に喜んでいただけて良かったです。

横田 男性Ver.で腕にかけているナプキンは草木原さんのこだわりです。

草木原 本物の執事は別にああいうのはつけないという話もあるんですけど、なんとなくあのイメージがあったので、記号的な意味合いでくっつけました。シンプルなシルエットの服なので、揺れるパーツがあると、キャラクターを動かした時にちょっと見栄えがよくなるかな、という目論見もありました。

サイドストーリー「煤闇の章」追加コンテンツの詳細はこちらをチェック!

↓そのほかの記事はこちら↓
『ファイアーエムブレム 風花雪月』開発者インタビュー トップ


© 2019 Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS Co-developed by KOEI TECMO GAMES CO., LTD.

トップへ戻る