『スラブウェル』リリース! SHINYUDEN代表 ガルシア・ルイスさんに訊く インディーズゲームの魅力

シェアする

2019年4月25日にNintendo Switchのダウンロード専用ソフトとして『スラブウェル』をリリースする、「SHINYUDEN(シンユウデン)」代表のガルシア・ルイスさんにゲームへの思いや会社についてのお話を伺いました。

●ガルシアさんの経歴をお聞かせください

スペインのバレンシア出身。若いころに日本のRPGに感銘を受け、2006年に日本に引っ越すことにしました。ゲームジャーナリストと日本のRPGの専門翻訳家として12年間以上、日本の面白い作品を数多く紹介してきました。2007年からスクウェア・エニックスさんの『ファイナルファンタジーVI』、『ファイナルファンタジー タクティクス A2 封穴のグリモア』、『ファイナルファンタジーXIII・ XIII-2』、『ファイナルファンタジー零式』、『ファイナルファンタジーXV』などなど、スペイン語版のローカライズチームにフリーランスのメンバーとしてかかわっています。途中で1年間任天堂のヨーロッパ支社で経験も積んで、『イナズマイレブン』の初代翻訳者として働いたこともあります。

●「SHINYUDEN」とはどのような会社なのでしょう?

2013年2月に個人事業でありながらSHINYUDENという名でスクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジーシリーズ』のスペイン語版のローカライズ業務に参加しました。スクウェア・エニックスさんとの仕事で得たお金はゲーム開発に注ごうと思いました。5年間ローカライズの仕事をやりながらいくつかのアプリをリリースしましたが、2015年に企画した『Heroes Trials (ヒーローズトライアルズ) 』 というアドベンチャーゲームを家庭用ゲーム機で発売するために、2018年に法人化しました。
「日本のゲーム業界へ恩返ししたい」という原動力のもと、コンセプトは、「自分たちが制作したゲーム以外にもストーリー性やゲーム性に優れた海外発のゲームを提供すること」です。現在、他社のいろいろなタイトルをNintendo Switchで発売できるようにヘルプしながら、自社ブランドとしてどんどんゲームをリリースしていきたいと思っています。僕らのような、「日本のゲームが好きなインディーズ」を徹底的にサポートするのが一番はっきりとしたビジョンだと思います。

●Nintendo Switchでリリース予定のタイトルの特徴は?

まず、『スラブウェル』というパズルゲームについて。絶妙にデザインされたパズルに加えて、主人公たちである泥棒の兄弟の駆け引きが特徴ですね。神殿の最深階にある宝物を盗むために守り神であるカクトゥン様のパズルを解かないといけませんが、遺跡の底に下りるにつれ謎が複雑になり、必ずどちらかが一人が臆病になります。何回もやめようとしますが、そのたびに話し合い、結局腹をくくって突き進むところがかっこいい。盗むこと自体への疑問や迷いもありますが、なんといっても絆が強くなっていく兄弟のやりとりがみどころですね。次にこの春発売予定の、チェスの先祖である「シャトランジ」をベースにしたバトルシステムのRPG、『ノアムンド』もあります。日本のRPGをリスペクトして開発されたゲームとしても紹介していますが、スペインで作っているので、海外ドラマ的な人間関係や濃厚なイベントという味付けで非常にユニークなコラボレーションになっています。人間でたとえるなら、愛らしいミックスになっています。
『スラブウェル』はSwitch専用ソフトとして発売します。『ノアムンド』は先にPC版をリリースしていますが、それからだいぶ進化しました。一番目立つ変更点はダンジョンの移動方法です。今はフリーになっています(以前、戦闘場面と同じようにボードゲームみたいにマスごとに移動するシステムがありました)。さらに冒頭の追加イベントやダンジョンも用意しています。ビジュアルもブラッシュアップされています。現在、各イベントに話していているキャラの絵が大きく表示されるよう、アーティストは孤軍奮闘中です(笑)。

●インディーズゲームについての思いをお聞かせください

世代が変わるとゲームはグラフィックで差別化されることが多いですが、インディーズは何年経っても衰えないストーリーと楽しさの土俵で勝負していきますので、期待してください。楽しいゲームって、老けません!

『スラブウェル』
↑一筆書きのようにパネル上を移動してゴールを目指す。通過したパネルは赤く色が変化して、通ることができなくなってしまう。ステージが進むと背後からプレイヤーを捕まえるため、カクトゥン様も迫ってくる

『ノアムンド』
↑フェロス大陸を舞台に3人のキャラクターを使い分け、パズルのようなステージを進んでいく。フィールド上にあるお店では、武器やアイテムを手に入れていくことが可能。敵とのバトルはストラテジーRPGとリアル・タイム・バトルを組み合わせた「モーション・バトル・チェス」を採用

「SHINYUDEN」ホームページ http://ja.shinyuden.com/

任天堂ホームページ『スラブウェル』紹介ページ https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000019386

© 2019 Undercoders . Licensed and published by LLC Shinyuden. All rights reserved.
©
2018 Estudio Ábrego S.L. All rights reserved. Licensed by Estudio Ábrego S.L. & LLC Shinyuden (Asia)

トップへ戻る