[編集部の間 12月号] UNDERTALE 付録CD&表紙 裏ばなし

任天堂専門誌「ニンテンドードリーム」。

10月20日発売の12月号の付録は、
「UNDERTALE ファンセレクションCD」
(*12月号は、現在ほぼ販売終了しています)

ここ「編集部の間」では、
付録制作の裏ばなしをお届けします!

※CDの詳細、増刷のご要望への回答については
下の記事をご覧ください。
関連リンク 投票結果 & 編集部からのおしらせ


UNDERTALE 付録CD&表紙 裏ばなし

編集長りふぁです。
ニンテンドードリーム12月号の付録、
「UNDERTALE ファンセレクションCD」
お楽しみいただけたでしょうか。

ニンドリに付録CDがつくのは、約5年ぶり!
いろいろなタイミングが重なって実現しました。

そもそもは担当編集のかややんが、

こんなゲームが出るって!
CD付録できないかな?

と言ってきたことが始まりでしたが…

『UNDERTALE』を私にすごくプッシュしてくれたのは、
かつて『ファイアーエムブレム 紋章の謎』や
『MOTHER2』を勧めてくれて、
初代『ポケモン』をいっしょに遊んで、
『スターフォックス64』を貸してくれた友達
でした。

説得力あるでしょう!?

そんなころ…
ちょうどMUSICエンジンさんの
『UNDERTALE』演奏会が予定されていたんです。

なんて、ナイスなタイミング!

音楽、演奏を楽しむことはもちろんですが、
私にはもっと大事な目的がありました。

ファンの姿を直接見ることです。

大勢の人が、お金を出して集まり、
物販に並んでグッズを買う…

そんな姿を直接見て、熱意を感じられたことは、
とても大きかった!

…それに、私が新しく編集長に就任し、
慣れてきたくらいのタイミングでSwitch版の発表だったりと、
このタイミングも少しずれていたら、
このCD付録は実現しなかったかもしれないです。

・・・

もちろん肝心の収録楽曲として、
ハチノヨンさんはもちろんトビーさん、
MUSICエンジンさんにご協力いただけたことは
とっても重要でした。

収録される曲は、
既存のファンと、これから遊ぶ人をつなぐもの
というコンセプトで、投票にて決めています。

関連リンク 『UNDERTALE』楽曲アンケート

加えて、MUSICエンジンさんに
生演奏楽曲を提供していただいたときは
まだ順位が出てなかったはずですが、
「TOP10が戦闘ばかりなのに対し、
静かなフィールド ウォーターフェル
「人気曲だけど入らなかったぬあああああ!
「原曲と両方を聴けるUNERTALE
と神的なバランス。

MUSICエンジンさんだって、ゲームのファン。
だからこれも、“ファンセレクション”!

たくさんのファンの想いが集まりました!

MUSICエンジンさんの演奏会パンフレットの数々。とても濃い話が聞けて、インタビューもとっても面白かった!

そしてトビーさん編集のSEコレクションも、
単にSEを順に流すのではなく
プレイを思い出させるつくりは、さすがです。

CDはサンプルが届き次第、
編集部でもずーーっと流していたのですが、
ぜんぜん飽きなかったですね。

それどころか、聴けば聴くほど好きになる。
そんな魅力的な1枚となりました。

ところで、制作にあたり某所から
「今どきCD付けるんですか!?」と
驚かれたことは本当に忘れません・・・・

やっぱそう思います!?
(うちもCDプレーヤーないもん!)

そんなときに後押しになったのは、
「ルーンファクトリー4限定版にCDついてた」。
ルーンファクトリー4 Platinum Collection

そういえば!
ゲームの特典にはCDって多いですよね!
ゲームファンはCD聴けるってことですよね!?

それを思い出させてくれた、
ルーンファクトリー4にも感謝です(笑)。


 …そして表紙へ

特集にすることは決まってましたが、
表紙にまでなりました!

デザインは、ゲームのイメージと同様の
黒バック+ロゴかなと思っていましたが、
ゲームシーンを使うというレイアウトは
前編集長のカズヤ氏に提案してもらいました。

ドット絵の表紙を
一度やってみたかった!

ですって。

ちなみにこのグリルビーズのシーンは、
11月号のポスターのときの候補案でした。
→オープニング絵になりました

CDレーベル面の候補でもありました。
→ナプスタブルークになりました

で、最終的には
表紙になっちゃいました!

CD付録をやりたかった編集部かややんと、
ドット絵の表紙をいちどやってみたかった
という前編集長カズヤ氏の要望を、
いちどに叶える結果にもなりましたね。

こうして出来上がった、12月号・・・

じつは、販売元のハチノヨンで
ニンドリとやりとりをしてくれている
担当広報さんは、
過去にニンドリで
海外コラムを執筆していた大渕さん!

そのころ私は読者で、
普通に記事を読んでいたんです。

今それぞれ違う立場からこんなお仕事ができて…
本当に、しみじみしちゃいます。


切り取りブックレット

ニンドリ本誌の特集には「切り取りブックレット」も掲載。
ハサミやカッターを使って切り取るものですが、
ケースに入れればこのとおり。

ジャケットのデザインは
『UNDERTALE』好きな方にお願いしたくて、
イラストレーター・マイトウさん
デザイン提案していただきました!

切り取った後の本誌も、
皆さんの投票コメントや
MUSICエンジンさんのインタビューを読むのに
支障ないつくりとなっています。

しかし、私が編集長になってから
明らかに工作が増えたような気も
しなくもない・・・

試作版。うざいイヌかわいいぞ。

作ってくださった方がたくさんいて嬉しいです。
なかには「CDの入っていた袋」を使って、
ジャケット背面を作ってくださった方も!

すごいな〜。

で、袋のコレね。

「うまく切り取ってほしい」ということを
伝えたかったようなんですが、
セリフを勝手につくるわけにはいかず。

もっと良いセリフなかったんかい?(笑)
かややん〜!?


ヘンメシ

〜編集部員のごはん

MUSICエンジンさんの演奏会の帰り、
友達とかややんと3人で行ったブレッドカフェ。
ジャムバー楽しいね!

ブレッド(パン、ですね)をシェアしながら、
UNDERTALEの今後の企画を話し合っていました。

「サントラは持ってるので別に…
しいていえばループしてほしい」といったことを
友達からリサーチしていました。

…言った本人は忘れていたようです。


今後の企画もみんなの思い次第。

UNDERTALEの企画記事は、
11月21日発売のニンドリ1月号にも
続きますよ!

トップへ戻る