ハイラル探訪「あの絶景はいずこ!?」現地調査してみた(2018年2月号より)

『BotW』には、ハイラルの絶景を描いたイラストがいくつかあるけれど、なんと実際の地形を元に作成されているんだとか! そこで、イラストの景色はどのあたりから見たものなのか、現地で探してみました!

まずは、E3 2017発表 メインイラストから。

デスマウンテンとハイラル城の位置関係と、手前に見える始まりの台地・ハイリア大橋が目印になる。右端に湖の塔も見えるので、ハイリア湖から南西の方角に目星をつけて調査。





結果:カゴッサ連峰(ただし木の上)

ゲルド地方には高い崖があるが橋が遠くなるので少し違う印象。標高は低いが、手前のカゴッサ連峰がいい構図に。空が飛べれば、より似た絵になるかも

続いては、パッケージイラストです。

風景画の中でも特に多くの人が目にしているであろうイラスト。こちらもデスマウンテンとハイリア城の位置関係が目印に。左に雷の台地の雷雲も見えるので、ハイラル丘陵かゲルド山脈あたりと予想して調査します。




結果:サトリ山頂上

ゲルド山脈も見た目近いが、手前のサトリ山も入ってきてしまう。そこでサトリ山の頂上に行くと、距離は近いがかなり似た構図に! 足もとの岩や草花らしきものは見当たらなかった

というわけで、完全再現とはいかないまでも、どちらも近い景色を望めたと思いませんか?

※編集部の独自調査によるものです。


<関連リンク>

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド


(C) 2017 Nintendo

トップへ戻る