考察『BotW』の世界「謎の“太古の戦闘部族”の存在」(2017年11月号より)

さまざまな種族が存在するハイラルの世界ですが、現存せず部族名すら残されていない部族がいるのをご存じでしょうか?

・記事は修正している箇所もありますが、基本は掲載時と同じものになります。
・ネタバレを含んでいる場合があります。

ローメイ砦で入手できる蛮族シリーズの説明に


▲はるか昔 フィローネ地方を拠点にしたといわれる戦闘部族の服  身に着けると刻まれている特殊な文様によって闘争心が湧き 攻撃力が増加する(蛮族の服の説明文より引用)

 

この防具が手に入る巨大な迷路遺跡はどれも到達しにくい場所にあるし、フィローネ地方とも遠く離れている…んですが、フィローネの樹海にあるゾナウ遺跡群に残る石碑には、確かに迷路遺跡のものと同一と思われる意匠があるのです!

へブラ地方:北ローメイ砦

フィローネ地方:ゾナウ遺跡群

あれだけの巨大迷路を各地に作ったのですから、当時は活動区域も広範囲で、かなりの栄華を誇ったのではないでしょうか。しかし、シーカー族と違って滅亡しているし、防具があるのは迷宮の奥の祠の中……。ゾーラ族のようにシーカー族の技術で共同建築をしたのか、はたまた蛮族ゆえにハイラル王家やシーカー族に抹消されたとか……?
と、古代のロマンにウハウハなのですが、まず存在していた時期も、滅亡した時期も不明なんですよね……なので……皆さんからの考察も求む! 


<関連リンク>

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド


(C) 2017 Nintendo

トップへ戻る