『ファイアーエムブレム無双』 DLC第3弾「覚醒」追加パック インタビュー(2018年6月号より)

本作のダウンロードコンテンツ(以下DLC)として、『ファイアーエムブレム 覚醒』に登場した新規キャラクター等を収録した「覚醒」追加パック(詳しくはファイアーエムブレム無双 公式サイトへ)。第3弾で追加されたキャラクターたちがどのようにして参戦したのかを伺っていきます。

・記事は修正している箇所もありますが、基本は掲載時と同じものになります。
・ネタバレを含んでいる場合があります。
発表時の『ファイアーエムブレム無双』連続インタビュー特集ページはこちら
DLC第1弾のインタビューはこちら
DLC第2弾のインタビューはこちら
開発を終えてのファイナルインタビューはこちら


<プロフィール>

コーエーテクモゲームス プロデューサー
早矢仕 洋介さん

3DS『ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ』から引き続きプロデューサーを務める。

コーエーテクモゲームス ディレクター
臼田 浩也さん

3DS『ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ』から引き続きディレクターを務める。


DLC第3弾 追加キャラクター1
サーリャ
CV 高田憂希

呪い好きの呪術師。ルフレのことを運命の相手と呼ぶ。陰湿で嫉妬深い性格だが、女性らしい一面も!?

新しい声優の高田さんとともに、サーリャを丁寧に作り上げる

―― サーリャが参戦した理由を教えてください。

早矢仕 DLCを作る際、一番最初から絶対入れたいと思っていました。実は本編でもギリギリまで入れたいねって調整はしていたんです。この前、「FE0(サイファ)」の開発チームの皆さんや、サーリャのデザインを担当したコザキユースケさんに会ったのですが、サーリャというキャラクターがここまで人気になるとは思っていなかったっていう話をしていて。我々もこんなに飛び抜けた個性の強いキャラクターが支持を受けるのはすごいなあと開発の初期にスタッフと話していました。サーリャって、個性が結構特殊じゃないですか(笑)。

臼田 『FE覚醒』の頃から「軍の中で一番、スタイルが良い」ですからね(笑)。あと、声優さんが高田憂希さんに変わった(※)ことですね。『FEヒーローズ』でしかまだ実績がなかったので、インテリジェントシステムズ(以下イズ)さんにも、サーリャの収録時に監修に立ち会っていただいて。これからサーリャというキャラクターが高田さんの声で出来上がっていくタイミングだったので、それはすごく細かく収録をやっていましたね。もっと暗めのトーンで、とか声質に怪しい感情を出して、とかです。サーリャがただの可愛い女の子になってしまわないように注意を払っていて。もともとサーリャの持っているキャラ性を出せるように慎重に収録していきました。

―― 『FE無双』で再現するにあたってこだわったところは?

臼田 原作で「軍の中で一番、スタイルが良い」というのがあったので、徹底的にボディラインの話をとにかくしていました(笑)。キャラクターやアクションの担当から出来上がってきたものを見て、まだ違うキャラみたいだなぁとか、体のシルエットがまだまだ甘いとか言って磨き上げていきました。サーリャはとても人気のあるキャラクターですので、とことんこだわって作りました。

―― お約束のツッコミですが、抱えている本で肝心なところが見えない!

臼田 あれは原作のコザキユースケさんが描いたイラストがモチーフになっています。あと、サーリャはお尻を見てほしいですね。『FE無双』はゲーム的にも後ろから眺めることが多いですから(笑)。

―― 勝利ムービーのポーズはどういう風にして決めていったんですか?

臼田 以前発売されたサーリャのフィギュアがあって、そのポーズをどこかに絶対入れたいねっていう話がまずあって、それなら勝利シーンでやりましょうということになりました。開発資料に書いたのも「サーリャが本のところに来て、あのポーズをとる」だけです(笑)。ただ、すでにセクシー像が皆さんの中で出来上がっちゃっていますので、あんまりやりすぎるとCERO的にどうなのかねって言う話もあって……。本当はみんなカメラアングルの反対側を見たいと思う気持ちはわかるのですが、ボディラインやお尻の方はみなさんの頭の中で一番いいものをご想像いただく形にしました(笑)。

※ 『FE覚醒』、『幻影異聞録 ♯FE』、ドラマCDなどでサーリャの声を担当していた声優の阿久津加菜さんが2015年で声優業を引退したため。

DLC第3弾 追加キャラクター2
オリヴィエ
CV 松嵜麗

各国を旅する、キャラバンの踊り子。その踊りは天才と言われるほど。性格は極度な恥ずかしがり屋さん。

本編にはない新しい兵種で、踊り子らしい華やかさで舞う

―― オリヴィエはどのような理由で選ばれたのでしょうか?

早矢仕 オリヴィエが決まったのは一番最後でしたね。

臼田 他の追加候補は……ガイアやロンクーでしたが、彼らが候補から外れた主な理由は使用武器なんです。ガイアだと暗器ですし、武器ジャンルとしても新しくなってしまうので。『FEif』のサイゾーやスズカゼも同じ理由なのですが、暗器が出てきちゃうと飛び道具も3すくみが成立しちゃって、ゲームのルールが変わってしまうため暗器は外したという経緯があります。ロンクーの方は……。

早矢仕 ナバールと似たコンセプトになってしまうので……。

―― ロンクーの声優はナバールと同じ子安武人さんですしね(笑)。

臼田 DLC第2弾「FE 新・暗黒竜と光の剣パック」でナバールが追加されたので、DLC第3弾でロンクーだとしたらまた武器も剣だし(苦笑)。ウードはNPCで登場していましたので、入れない訳にはいきませんし。そこで剣キャラクターが2人になってしまって、どうしようかと話をしていて。であれば、女の子キャラクターで誰か探そうと決めていくなかで、DLC第1弾「FEifパック」でアクアを追加しましたので、それなら踊り子枠で同じようなことをできるキャラクターだったら面白いんじゃないかということになりました。そうしたら、オリヴィエで踊れるようにしましょうかという話になって彼女を選びました。

早矢仕 オリヴィエとアクアという2人の踊り子(歌姫)をDLCで出すことが決まったのですが、私としてはそこがよかったですね。DLCで初めて登場する兵種だったので!

―― DLC第1弾で配信されたアクアとどう差別化していこうとしたんですか?

臼田 2人とも新しくモーションを作るので、そこは心配していませんでした。アクアは歌を中心に、オリヴィエは踊ることを中心にしました。オリヴィエは剣をベースに、舞い踊りながら敵を斬るキャラクターですし、基本的にはモーションで差別化をしていきました。あとは……性格が全然違いますからね(笑)。

―― ある意味真逆ですからね(笑)。

臼田 アクアはとても物静かですが、オリヴィエはずっと「はわわ」とか「ごめんなさい〜!」とか言いながら敵を斬っている感じで。そこのテンションの違いだけで、だいぶキャラ性が違ったと思います。実は最初にモーションを作る前に、ボイス収録を行っています。モーションを作りながら先に録ったボイスを乗せて、キャラ性がしっかり出る環境で作っていきました。


DLC第3弾 追加キャラクター3
ウード
CV 高橋英則

目立ちたがり屋でかっこつけたがりな剣士。戦いでは多数の必殺剣を放つ。根は真面目で面倒見が良い性格。

もともとの個性を膨らませ、セリフで新しい魅力を彩る

―― 剣キャラがたくさんいる中で、ウードはどうしていこうと思いましたか?

臼田 ウードはたくさん必殺剣を持っていますから、それをとにかく入れようとしました。勝利ムービーで出てくる「烈火剣・レイジングファイアーソード」「蒼炎剣・ブルーフレイムソード」など原作にあった必殺剣から、「暁の剣・ゴッデスオブドーンブレード」など我々が作っている必殺剣もたくさんあります。ほかにも、『FE 暗黒竜と光の剣』からとってきた「暗光剣・ダークライトソード」や、『FEif 白夜王国/暗夜王国』からもやりたいよねってことで二刀流の「白刃剣ホワイトナイトソード」&「黒曜剣ブラックナイトソード」など、どんどん必殺剣の名前を考えて入れました。アクションで使いきれなかったものは、絆会話で使ったりとかしています(笑)。ウードのキャラクター性に引っかかっているお客さんって多いですよね。会話が面白すぎるとか。

早矢仕 勝利ムービーで喋っている途中で見切られちゃうところとか(笑)。

臼田 もちろん、最初からそのつもりで作っています(笑)。実はちゃんとセリフ自体は全部収録してあって、ウードだけボイス鑑賞の一番下にその他ボイスが2つあって。セリフの続きが聴けます。体としては延々と喋っていたら仲間に置いてかれちゃって、「待ってくださいよー」ってのがやりたかったんです。このネタはウードのセリフの台本を書いていた時点で決まっていました。できるだけ長く喋らせて途中までしか言えないようになるように、シナリオチームにお願いしました。


追加衣装に込められた思い

―― DLC第3弾を購入すると追加される衣装の制作エピソードを聞かせてください。

臼田 考える時に方向性は2つあって、正統進化みたいな真面目系でいくか、ネタ系でいくかを考えます。いくつかネタ系の話も出て、例えばフレデリクに「クロム様絶対死守Tシャツ」を着せるとかですね(笑)。

―― 過去にイベントなどで実際に販売されたTシャツですね(笑)。

臼田 イズさんとも相談して、やっぱりちゃんとした衣装で考えていこうということになりました。クロムは聖王になった姿が見たいですしね。リズは絆会話にもありましたが、自分に聖痕がないことを気にしていたり、エメリナに対する憧れがあるのでエメリナの格好をさせてあげたいということで賢者かなぁと。

―― リズはバトルシスターなのに賢者の格好をしてよかったんですか?

臼田 イズさんと設定的に問題がないことは確認してましたが、実際に動かしてみると大変でしたね。あんなに斧をぶんぶん振り回していますから、最後の最後まで苦労しました。裾の長さであったり、腕のところや背中の部分の布もあって……。3本とも別々に調整したりとか、キャラクターの担当には頑張ってもらいました。そういう意味ではリズの元気さが出せたかなと思います。ティアモは原作のイメージもあって、やっぱりダークペガサスかなと。スキル「疾風迅雷」で暴れまわっていたプレイイメージもありますし(笑)。もともと『FE無双』本編でダークペガサスと疾風迅雷を入れたいという話自体はあったのですが、いきなりダークペガサスにするのはさすがに……というのがあって、あえて入れてなかったんです。今回は衣装だけになってしまいますが、見た目だけでも楽しめるようダークペガサスを衣装として入れることになりました。疾風迅雷の方はオリヴィエのキャラスキルに入れました。踊り子は再行動系のキャラクターですしね!

発表時からのインタビュー特集はこちら
DLC第1弾のインタビューはこちら
DLC第2弾のインタビューはこちら
開発を終えてのファイナルインタビューはこちら


関連リンク
ファイアーエムブレム無双 公式サイト


ⓒNintendo / INTELLIGENT SYSTEMS ⓒコーエーテクモゲームス All rights reserved. Licensed by Nintendo.

トップへ戻る