絶望と孤独によって怪物となってしまった少女「ケイ」の旅を描いた『Sea of Solitude: The Director’s Cut』クリエイターインタビュー&コンセプトアートを初公開!

シェアする


Jo-Mei/Quantic Dream/Beepから、『Sea of Solitude: The Director’s Cut』パッケージ版(Switch)が3月25日に発売されました。
今回は、本作を開発した「Jo-Mei」のコーネリアさんと、パブリッシャーである「Quantic Dream」のギョーム・ド・フォンドミエールさんのインタビュー&初期のコンセプトアートを初公開していきます。


『Sea of Solitude: The Director’s Cut』(以下『ディレクターズカット版』)は、絶望と孤独によって怪物となってしまった少女「ケイ」の旅を描いたアクションアドベンチャーゲームです。ケイは不思議な少女との出会いをきっかけに、壮大な海に囲まれた水没都市を中心に、不思議な世界を1隻のボートと自らの足で旅することになります。

旅の途中で出会うのは巨大なクリーチャーたち。彼らとの会話や行動を通して、彼女はこの世界のことを少しずつ知り、大切な自分自身のことを振り返る体験をしていきます。

「ケイ」の行動によって、水没都市の水位は絶えず変化していきます。水や光、天候の表現や、一気に水位が下がって出現する都市を移動するときの音響もこのゲームの特徴の一つです。

ケイの行く先を教えてくれるのは謎の少女からもらった照明弾。照明弾は建物などにぶつかると途中できえてしまうので、Lスティックかジャイロセンサーで照明弾の軌道を制御してかわすことも重要。
次の目的地が判明したら、ボートと自らの足を使いルートを開拓して進んでいきましょう。

▲冒険中はあまりミスにはならないが、水路を行きかうクジラに食べられたり、水辺でケイを引き込もうとする無数の手には注意が必要


『ディレクターズカット版』は、好きな場所でスクリーンショットを撮影できる撮影モードで、天候や時間を自由に変更できます。また、旅の途中に置かれている瓶には、ケイにまつわるエピソードが書かれているメモが入っているので、アイテム探しも楽しむことができます。


『Sea of Solitude: The Director’s Cut』特典付パッケージ版
(『Sea of Solitude』のロゴステッカー&主人公「ケイ」のキャラクターステッカー付属)
発売元:Jo-Mei/Quantic Dream/Beep
発売日:3月25日
価格:3480円(込)
※ダウンロード版も配信中

Sea of Solitude – The Director’s Cut  ©2019-2021 Jo-Mei GmbH. Published by Quantic Dream. Quantic Dream and the Quantic Dream logo are trademarks of Quantic Dream. Nintendo Switch is a trademark of Nintendo. All other trademarks are the property of their respective owners. All rights reserved.

トップへ戻る